About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
ワトソンの陰謀~シャーロック・ホームズ異聞~1/秋乃茉莉
シャーロック・ホームズ異聞とした漫画があったので読んでみました。

 ストーリー概要
主人公は卒業を控えた大学生の白木 焔です。
しかし就職先が急に倒産してしまい、途方にくれていました。
そこへ格安でのルームシェアの提案があり、渡瀬 蒼という青年と暮らす事になる。

ある日、白木は渡瀬からお使いと称したバイトを持ちかけられる。
それは人探し…、探偵の手伝いだった。

 ホームズはどこに?
この本を読む人の多くはシャーロック・ホームズとの関係性を期待していることでしょう。
まず言えるのは、この漫画はホームズの聖典を漫画化したものでも、パスティーシュに類するものでもありません。

ただし起こる事件がホームズシリーズに登場していた作品に擬えられています。
本作収録の事件は、それぞれ【まだらの紐】、【ボヘミアの醜聞】、【踊る人形】です。
それぞれの作品において重要なアイテムが、やはりこの漫画においても重要なアイテムになります。

…が、正直そこまでです。
探偵役となる渡瀬 蒼はホームズについての知識はあるようですが、別にホームズを気取ったところや推理方法を用いるわけでもありません。
白木 焔もワトソンっぽいところは何も見られません。と言うより、表紙では彼もホームズの衣装を着ていて、役割的にはワトソンのポジションにいるように思えるのですが、実際のところ彼がワトソン役かどうかはいまいち判りません。

 感想
秋乃茉莉という作家さんは知らなかったので、少し調べてみたのですが…メインはファンタジーや、ファンタジーっぽいミステリーも手がけていた方のようですね。
依頼主が一般的な人間ではないという設定辺りが、この作者の本領発揮なのでしょうか。

ただ本作に関して言えば、ごくごく一般的な現代ミステリーだと思います。
系統としては赤川次郎とか、その辺りが近いように感じました。

ただ主人公はよくある熱血漢っぽい感じで、渡瀬 蒼にしても日光が苦手だったり、死者や胎児から依頼を受けられるという設定がある以外は別に個性的な人物でもないし…という事で、ホームズとの関連を期待して手に取った事もありまして、2巻以降を読み続ける事は恐らく無いと思います。


テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
ほのぼの旅情カメラ/大西みつぐ
旅情をテーマとした写真の本を読んでみました。

■ どんな本?
作者が実際に旅行をしながら写真を撮影してきた本です。
各旅行先ごとに数ページのテキストと、旅先の写真が掲載されています。

この本における写真の特徴は、あくまでも旅情です。
旅行を疑似体験できるような、まるで著者が見てきた風景を自分も見てきたような気分に浸れます。

■ 感想
もう旅情の一言に尽きる一冊です。

あえて言えば、凄くきれいな写真と言うのは殆ど無いです。
そういう写真を求めて購入すれば、きっと損するのでやめておきましょう。

そういうものではなく、人が暮らし、息づいている写真です。
実際に人がいて、生活をして、だからこそ生まれる風景があると思います。
この本が撮影しているのは、そういう風景がメインです。

美しい風景写真ばかりを集めた本より、ずっとその場所に行ってみたいと感じさせられる一冊です。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
地下鉄の鏡(浅見光彦ミステリースペシャル)/たのまゆうむ、内田康夫
浅見光彦シリーズのコミック化の作品を読んでみました。
今回読んだのは、短編集『鏡の女』に収録されていた『地下鉄の鏡』です。

 あらすじ
浅見光彦はあるとき、自殺の現場に遭遇してしまう。
飛び降りてきた女性が最後に残した「地下鉄の鏡で見た…」との言葉に疑問を持ち、事件の調査に乗り出した。
そこで知り合った死亡した女性の知人は、彼女が自殺を思い留まっていたという新事実をもたらした。

彼女が殺害された理由と地下鉄の鏡の関連性とは…?

 イラスト
コミック版の浅見光彦は複数の著者によって書かれています。

本作を書いたのはたのまゆうむさんという漫画家さんです。
他の作品を見たところ、女性向けの漫画を多数手がけられているようです。
画風もまさに少女マンガ!といった趣きで、浅見光彦も33歳の男性というよりは美少年風です。

 感想
コミックのボリュームなので、当然活字の原作よりもざっくりした感じです。
ただ原作も短編なので、上手くまとめてるかなという感じです。元々、少し強引にまとめられている感じのある作品でしたし。

イラストについては好み次第だと思いますが、やっぱり全体的に幼すぎますね。
これでは学園が舞台になっているサスペンスのようです。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。

ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記