本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

電子書籍の衝撃/佐々木 俊尚
長くZAURUSのMIシリーズ~SLシリーズと電子書籍のお世話になってきた僕にとっては、『今更?』といった内容の一冊です。
日本では環境が整っていないものの、既に他国では大ヒットを記録するキンドル、そしてiPadやiPodといった電子書籍リーダーを持つ媒体の登場によって、今後日本でも電子書籍へ対する需要が一気に伸びるであろう事は容易に予想されます。

この本ではそういった時代に本という業界がどのような進化を遂げていくのかを考えます。

今までは市場が大きくなかったので、僕も偉そうなことは言えないのですが電子書籍と実際に紙で買う本では全く違ってくると思います。
たとえばこのブログでも女性向けと思われるような内容の本、ちょっとグロい系統の本など、紙で購入する場合にはレジへ持っていくことを躊躇してしまうような本、そしてアングラすぎて店頭に並ばないような本を購入して紹介しています。
これは僕だけに限ったことではないと思うんです。
もちろん買う内容だけではなく、買い方も変化していく事でしょう。
アマゾンさんでは注文してその日には届くといったようなサービスを展開しているようですが、電子書籍は買いたいと思ったらその場で購入できます。
ネットに接続さえ出来れば、出先で暇かもしれないから本を買っていこうという感覚が、出先で暇だったらその場で本を購入(ダウンロード)して読めばいいに変わるのですから、流通は本当に変化していくでしょう。

この本で紹介されている『セルフパブリッシング』に関しても、もっと敷居は下がってくると思います。
携帯電話向けサイトから人気を博した作品が出てくるような感覚でしょうか、きっとチャンスは広がると思います。

色々な可能性がある。
そして僕は何の因果か、それを楽しみに待っていました。
もう、今からワクワクしていますもん。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.