About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
メタルカラーの時代1/山根一真
メタルカラーの時代という本がブームになったのはしっていたのですが、具体的にどういう内容なのかは知らないままでした。
最近プロジェクトXの著書を読んでいたところ、似たようなコンセプトだからと勧められて遅ればせながら読んでみました。

このメタルカラーの時代という本は、現代の匠とも言える工業に携わる人々の仕事内容を紹介するもので、その仕事をメタルカラーと定義づけています。
本文は専門の特殊な職業の方と、著者の対談形式をとっています。
案内人がエピソードを辿って行くような構成になっているプロジェクトXに対して、メタルカラーの時代シリーズは、著者が読者と同じく素人の立場で専門家の話を聞いているという点で、とても共感しながら読み進めていけます。

対談をする相手も、プロジェクトXが色々な話題に触れているのに対して、この1巻で言えば例えば明石大橋
造るのに際して、話しの中で気になった工程に携わった人々と次々に対談をして行くので、読んで行くほど点と点が繋がっていくように理解し易くなっていきます。
一通りを読み終わるころには、その工事に関してかなり詳しくなれるという、無理のない構成は、基本的に文系の頭しか持ち合わせていない僕にとって理解し易くて助かりました。

ということで、第一巻のみですが気持ちよく読破しました。

少し前にプロジェクトXの本も含めて色々と瀬戸大橋の建設に関して調べていた時期があるのですが、この巻では明石大橋の建築に携わった業者の方との対談も収録されてるのですが、瀬戸大橋のころとの比較や、瀬戸大橋での経験がどのように活かされているのかがよく見えて面白かったです。
著者の語り口調が明るいせいか、そう専門的な内容を読んでいるような感じは受けずに読めるので、ドラマティックに仕上げているプロジェクトXに馴染めない人にも勧められそうな一冊です。

最後にプロジェクトXとの最大の違いを紹介します。

下ネタの有無。

以上っ。
著者の方、結構好きなんでしょうね(笑)


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/970-2e11125c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記