About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
田中角栄の「人を動かす」極意/小林吉弥
昨今、政治不信や投票率の下落などが騒がれています。
まぁ概ね若者が選挙離れ(笑)したという事を原因に挙げる傾向にあるようですが、個人的にはそれ以上に政治家と呼ばれる人たちの魅力自体がどうなのだろうという疑問があります。

…ということで、田中角栄さんの再評価をするというわけではないですが、高いカリスマ性を誇った政治家としての彼の人生を、いくつかの名シーンとともに振り返ってみようという一冊です。

・中曽根 康弘
・岸 信介
・福田赳夫
・安倍 晋太郎
・竹下 登
・宮沢喜一
・三木武夫
・金丸 信
・河本敏夫
・春日一幸

以上の面々に対して、田中角栄さんがどのように接し、どのように戦ってきたのかを紹介した本です。
この方は事件のことなどもあるので手放しで評価しづらい面もあるのですが、やはりアメとムチの使い方が上手な人だなと思います。それも相手にとって受け取りやすい方法をきちんと選んでいる。
色々な評価もあると思いますが、上手い人。

こうして本で読んでいるだけでも、今の政治家の人とは違う面が良く見えてきます。
総理といえど、ただ政策が上手いというだけではなく、やはり目に見えるリーダーシップがあってこそついていきたいと思うのではないでしょうか。


テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/954-871203c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記