About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
文学の風景をゆく/小松健一
まさにタイトル通りの作品です。

有名な文学に登場する風景を写真に収めたもの。
実際の風景を知っていると、作品に対する感じ方が変わってきます。

僕も出来るだけ作品を読むときは、その舞台を知るように心がけています。
僕は中学校の頃からシャーロック・ホームズマニアだったのですが、高校生、大学生の頃にネットが普及するようになって当時のイギリスの風景であるとか、時代背景を知るきっかけとなりました。
そうする事で作品の中で読み飛ばしていた表現が持つ意味や、ホームズやワトソンがどのような街を歩き、そして犯罪調査に出向いていたのかというものがより見えてくるので、作品に対するイメージも変わってきます。

この作品は日本の純文学と呼ばれる作家の描いた風景を数多く収録しています。
これらの写真を通して、今まで読んでいた作品の新たな一面との出会いが必ず見つかると思います。
超オススメの一冊です。





テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/928-4211147e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記