About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
「ワル」で成功する技術/斉藤一真とデータタンク
相手との心理的な駆け引きに勝つための技術を紹介した本です。
もうタイトルからして悪そう…!という感じですが、最初のコンテンツが『素直に引き下がって、相手の同情を利用しろ』です。
こういった感じでちょっとした動作や発言をきっかけとして、相手をうまくコントロールする技術が紹介されているのがこの本です。

基本的なコンセプトとしては『努力と成果は一致しない』なんですね。
もちろん努力が実るのが一番なのですが、なんだかんだで要領のいい人が成功していくのが世の中の実情。
そういった容量を少し掴んでみませんか?というのが、この本です。
ワルの達人の心理テクニック』なんて言葉で紹介されてはいますが、ちょっとのコツなんですね。
たとえば第二章は『このポイントで本心を見抜く』というのは、ワルという感じではなく、文字の書き方、タバコの吸い方、ちょっとした身振りから相手の感情を察するというもので、決してワルではありません。

ただ第三章の『一歩譲ってトクをする』では、上手な世渡りが紹介されており、ちょっと悪い感じです。
上手に嫌われれば後腐れなく別れられる』とか、『「無責任なヤツだ」と言われるのが頭のいい断り方』といったもので、一般に言われる『上手いヤツ』というのは、こういったことを上手くやっているんだろうなぁと思ったりするのです。

ワルという言葉に抵抗がある方もおられると思うのですが、ちょっとした心理テクニックだと思って実践してみるも面白いかもしれません。
読んでみた感じとしてはそれほどワルくはありませんから。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/919-e6339a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記