About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
仕事するのにオフィスはいらない/佐々木 俊尚
ノマドワーキングと呼ばれる、固定のオフィスを持たない仕事のススメです。

厳密に言えばクラウドの技術を活用した仕事の実例集と言ったほうがいいのかもしれません。
クラウドという技術があれば、職種によっては固定の事務所なんて必要ないし、クリエイティブな仕事をするうえではその時の気分に合わせた場所を選ぶ事も効果的になる事もあるでしょう。
実際に固定のデスクを決めずに空いている場所を随時割り振るというシステムをとっている企業もあります。
これも同様の効果を狙ったものでしょう。

そのメリットは判る。
ただやはり職種なんだと思うんです。
僕も仕事で自宅のPCの方が手っ取り早いと思った場合には出勤しない事はありますが、完全にノマド化するのはムリです。
実際、この本で紹介されているノマドを実践している方も、会社を設立していたりしても、実際にはフリーに近い形の方が殆どです。たとえクラウドの技術がこれから発達しても、恐らくかなり遠い未来まで、宮仕えの身分である我々が出勤せずに完全にノマド化するのは難しいでしょう。
ただクラウドの技術があれば週に一度出勤しなくて可の日(そういうシステムをとっている企業が実在する)くらいは作れそうです。上手く回せば週の半分くらいまでならどうにかなるかもしれません。

また著者は同時に職場から開放されても集中力を途切れさせない方法も提案します。
ノマド=自由=堕落になるのでは意味が無い。ここが大切ですね。
ある程度の緊張感と同時に、ある程度の息抜き。
このバランスがノマドが出来るかどうかの分かれ目になると思います。
前者が出来ない人はノマド=堕落になってしまうでしょうし、かといって後者が上手く出来ない人は効率のいい仕事が出来ない割りに疲れてしまうという悪循環に陥ってしまう危険性があります。

後、クラウドと同時にノマドの武器となるスマートホン(一部のクラウドとの同期やアクセスに用いる)の使い方(特にi Phone)の実例も紹介されています。こういった著書を読むと、著者自身が情報の世界に身をおいている方が多いせいか、RSSやメールの使い方に重きが置かれているようです。
この辺りの記述に関しては参考に出来る人もいれば、そうでもない人もいると思います。

…まぁ、全体的にクラウドのススメなんだなという一冊です。



テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/914-1b38eacb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記