本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

WebDesigning 2002/11
前回と同じ理由で手に取った一冊です。

この本は更に古い2002年。
まだこの頃は何も考えずにテーブルを使ってどう突飛なサイトを作ってやろうかと企んでいた時代ですが、既にWebDesigningの読者の方はCSSに向かっていたのですね。
今号の特集は『CSSでデザインするWebサイト』でした。
まだ表現に普及が急速になっていない雰囲気を感じますね。
きっと当時はテーブルで作ったり、もしくはフラッシュだらけにしてみたりというのが流行っていた筈です。
個人サイトでフラッシュを掲載できるという事が、一種のステータスになっていたような気がします。
もちろんフラッシュを作る技術のなかった僕は牧歌的にGifアニメをしていました。

もう一つの特集は『デザインポータルの感じる‘Webの今'』でした。
ここでオーストラリアのINfrontの方は『スタイルとテクノロジーにばかり捕らわれ、何もメッセージを発信しないサイトが増えてきている』と言っていますが、まさにその通りで色々な技術があふれ返っていました。
フラッシュオンリーのサイトでも使いづらいものが多かった事を覚えています。
他の方のこれからのWebという質問に対する解答は、Webから外へ飛び出すことを口にしている方が多かったです。
インターネットと現実との連動というのは、今まさに主流といえる展開ですね。

後、CSSのクイックレファレンスもついていたりします。
紹介されている内容を見て、時代を感じる…なんていかがでしょう。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.