About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
仕事で「話す力」が面白いほどつく本
しゃべり方の本です。
以上。

要約すれば二行で終わってしまいます。
しかし社会へ出てから最も痛感したのが、言葉の難しさです。

この本ではしてはいけないしゃべり方、そして有効なタイミングでどのような言葉を持ち出すのが一番説得力があるのか…などが紹介されています。

会話が途切れてしまったとき、どのように対処すれば場が白けないのか。
部下に見放されてしまうような口癖とは?
後輩に注意するときに、叱り付けずに相手に聞かせるには?

また興味深いところでは、相手の話の聞き方も登場します。
そう、これも立派な『話す力』です。
相手の言葉に耳を傾けるからこそ、こちらの話も相手に届きます。

この本を手に取っている人の多くは『聞き上手だけど、話し下手。』ではないでしょうか。
しかし、世の中には、『話し上手だけど、聞き下手。』という人も多いみたいです。
この『聞き方』は重要だと思います。
相手の話を聴くことが、相手と話すことの向上に繋がっていくこともありますよね。

幾つかの重点を標語のように覚えやすくしたフレーズなど、たまに読み返して復習したい一冊です。

僕はこの本の中で、挨拶をすることを徹底するようにしました。
取引先などで、ついつい『お世話になります』から入りがちでしたが、そこへ『おはようございます』などをつけてみることで、確かに仕事以外の会話をしたという実感が湧いてきます。
ちょっとの注意とちょっとのコツ。
話す力は些細なことで面白いほどついてきます。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/894-2d081a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記