About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
はじめてのOpenOffice.org/松本美保
OpenOffice.orgの基礎的な参考書です。

□ コンパクト、だけど一通り説明
OpenOfficeの解説書自体が余り出ていない状況なのですが、結構『そんなに使わないのにMS Officeを買うのは勿体無い』といった人向けに、無料で使えるソフトといった論点で紹介している本が目立ちます。
もちろんフリーで使えるのだから、それでもいいのですがLinuxユーザーのようにそこそこ本格的に使う人にとっては物足りない内容だったりします。
かといって本格的なものを購入しようとすると、価格もそれなりにするし、まるで辞書のように分厚い…。
そういう本が多い中で、この本は丁度いいサイズ。
定価は\1,900円。(税別)
ページ数も250ページ程度。
しかしWriter、Base、Calc、Draw、Impress、そして意外と珍しいMathまで一通り紹介しています。
操作方法についてもそこそこ解説してあるので、この本くらいのレベルを求めていた!という方も多いはず。
それもそのはず、この本はMS Officeをある程度使っている人が対象になっているのです。
なので、WordやExcelといったMS Officeでのソフトとの違いなども紹介されているので、乗換えを検討している方にとっても便利なはずです。例えば陥りやすいのがWordの囲み線機能の無し、Excelとの因数の違い(Excelはカンマ、Calcはセミコロンで区切る)など、人によってはよく使う機能でも、多少の差異が生じるのです。

□ 乗り換えのための知識
MS Officeが2007で大きく変わった為に従来の操作性に近いOpenOffice.orgを検討している方も多いのではないでしょうか。
この本では完全に置き換える為の便利な機能も紹介されています。
例えば、こんなのはどうでしょう。
規定の保存形式を「MS Office」にする
これ、出来るんです。
OpenOffice.orgを普通の状態で保存しようとすると規定のODF形式が出てくるのですが、これを例えばCalcならエクセル、Writerならワード、それぞれの形式で保存する事を規定とすることが出来ます。
これなら周りがMS Officeユーザーばかりでも安心です。
また規定のフォントだってMS officeに合わせることが出来ます。
余り大々的に紹介されていないものの、MS Officeから乗り換えるために必要な知識も大量です。

□ CD-ROM付
オープンソースの解説書では定番ですね。
ソフト付で\1,900です。参考書を買えば、その日からOfficeがついてくる!
ちなみにWin、Mac、Linux版全てを収録。
MacユーザーやLinuxユーザーは同時にWinPCを持っていることが多いそうです。
この本一冊で結構時間が掛かるダウンロードを短縮できるかも?

…たまに、Webで全く同じものが落とせる時は、CD代だけでも値引いてもらえないだろうかと思うこともあったりします。


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/891-0c9d1136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記