本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

もっと「きれいな字!」が書ける本/山下静雨
最近、後輩の書いた字に絶望的な気分になってしまいました。

小学生顔負けの字の汚さ…。
僕も人のことを言えたものではありませんが、ようやく字を綺麗に書くことの大切さに気づく事が出来ました。
確かに思えば、何か大きな買い物や契約をするときに、営業さんの字が汚いとどことなく不信感を抱き、達筆だとそれだけで信頼感を抱いてしまう…なんていう部分は少なからずあります。

さて、この本。
文字の練習をしようという本ではありません。
ちょっとしたルールやコツを学ぶ為の本です。
例えば『竹』のように、同じ字を繰り返す物の場合、後から書く方を大きくするのがルール。
焦って書いて左側が大きくなりすぎて、右側を小さくして他の文字と比べて大きくなりすぎないように…なーんて、ありがちですが最初を小さく書いて次を大きくしたほうがバランスも取り易い。
多くの文字は中心線を守って書きますが、たれの中の文字は少し中央からずらすと窮屈に見えない。(庁など)
字でもゆっくりと太く書く線、すばやく細く書く線など、色々とルールがあることに気づかされます。
こうしたことを読んでいる内に、自分の文字が陥っている状況が見えてくる事でしょう。

そして基本は『永字八方』でいいのです。
いまや習字を習ったことがあるといっても誰にも信用されなくなってしまいましたが、これは文字の勉強の基本として広く知られているもので『永』の字には、漢字を書く上で基本的なパーツがちりばめられているため、この字を上手に書くことが出来れば、自ずと他の字も上手に書けるようになるといわれている文字です。
この本で勉強したことを参考にしながら、永の字を書いて実践すればいいのです。

他にも意外と難しい綺麗なひらがなの書き方や、文字のバランスを整える上で絶対にはずせない書き順、そしてさらっとかけると格好いい手書きでの行書のルールなどが紹介されています。
この一冊で学べることは非常に多い。

自分自身の字を見直すきっかけを探している人は、一度手にとって見てはいかがでしょう。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.