本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

小さな会社の事務がなんでもこなせる本/小嶋経営労務事務所
大企業の事務職は色々と規定が多くて大変そうだなぁ…と思う一方、小さな会社の事務職の方が楽かといえば、僕は全力でそれを否定することでしょう。

小さな会社の事務職には、小さな会社だからこその難点があります。
それはおそらく一つの事実に集約される事でしょう。

事務職の人数が少ない

全てはここから起因しています。
恐らく『小さな会社』という表現でくくられる規模の企業で抱えている事務職の人数はどれほど多くても片手にも及ばないはずです。
ところによっては1人きり、はたまた急に辞めてしまって事務職と呼べる従業員さえいないというシチュエーションも考えられます。

このような環境が何を求められるのでしょう?

それはオールマイティさです。

小さな会社の事務には経理だけ見ていれば良い、人事に関係する事だけに専念すれば良い、営業事務としてだけ仕事をすれば良い…という環境は与えられにくく、全てもしくは幾つかを兼務しなければなりません。

そんな時に助かるのがこの本です。
この一冊で会社内における事務仕事が一通り覚える事が出来ます。

総務編:発注業務、受付業務、贈答品の管理…。
経理編:簿記、決算、給与計算、会計処理…。
人事編:採用、パート、契約社員の管理、異動…。
労務編:就業規則、労働時間や休日の管理、社会保険、福利厚生…。
法務編:契約、株主総会、M&A…。


どこまで必要なのかは企業によって異なるでしょう。
例えば小さい会社だと自社内で全てを処理せずに外注に依頼するために、依頼できる形にするまでのさわりの部分のみを自社で処理するというケースもあるでしょうし、小さいながらも自社で全てを…しかもごくごく限られた人材で処理する(!)という企業もあるでしょう。

どのような形でも、この一冊が頼りがいのある先輩のように丁寧に教えてくれます。

この本の趣旨は、全てにおいて素人である事が前提です。
経理編に出る簿記などの知識にしても、なかなか全くの素人という状態で実務に関わる事はないでしょうが、きちんと基礎から紹介されています。
またプロに聞こうにも登場する専門用語がよく理解できない…そんなケースにもこの本はきちんと対応してくれます。
他の従業員の方には余り見られたくありませんが、事務所の片隅に一冊置いておきたい頼れる相棒です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.