About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
お散歩ブック/杉浦さやか
いつも仕事が速く終わったときには自然公園を散歩して帰宅するようにしているのですが、最近町の中を歩いてみると言うのも面白いなと思うようになってきました。
普段通らない筋を通ってみれば、そこには見知らぬ人たちの生活観があふれていたり、気づかなかった神社などを見つけることが出来たり、なかなか好奇心をそそられます。

そこで少し調べてみると、人それぞれに色々な散歩スタイルを持っているようで、特定のコンセプトに沿って建築物やトマソンを探す人もいれば、お店での買い食いを楽しんだり、猫などとめぐり合う事を楽しみにしている方もおられるそうです。
他人の色々な散歩の楽しみ方はそれ自体が興味深いものだと知り、amazonで高い評価になっている杉浦さやかさんの『お散歩ブック』を手に取るきっかけになりました。(amazonを見る)

この本は杉浦さやかさんの散歩の楽しみ方を50パターンに分けて紹介してます。
50パターンも楽しめるなんて、ようやく自然公園から抜け出したばかりの僕にとっては散歩の達人のように思える数字です。
イラストレーターの杉浦さんらしく、本の大半は癒し系のイラストで構成されています。
出先で出会った人や建物、見つけたお土産やお店などがほのぼのと紹介されているので、これを読むだけでも充分に楽しめます。
50パターンの中には外国もあれば近所の散策もあります。
博物館や図書館に入り浸ってのんびり時を過ごす事を提案したり、散歩の途中で食べるおやつの美味しさを説いたり、昔ながらのお店で昔から売れ残っている商品を探してみたりと、楽しみ方は本当に無限大です。
僕が早速実践してみようと思ったのは、手軽な事もありますが『思い出の散歩道』と、『ツーリスト気分で歩こう』です。
これはそれぞれ38,39番目のパターンとして連続で紹介されている項目です。
意外と普段通っている道を歩くと言う事を僕達は忘れがちです。
きっと判っているという意識や、いつでも行けるといった意識が働いているのでしょう。
それでいて、意外と歩いていない道がありませんか?
後、僕は子供の頃に一度引越しをしているので、前に住んでいた辺りをもう一度歩いてみるのもいいかなって思ったりします。

補助輪つきの自転車を必死に押して、坂道で母に勝ったあの日。
忘れられないような風景と、もう一度出会う事ができるかもしれません。



※僕が読んだ文庫版には特典としておススメスポットを記した地図(杉浦さん自作!)があるのですが、住んでいる場所が岡山なので、ちょっと散歩がてらに行く事は無理そうです。残念…!

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/837-50408a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記