本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

アベイ荘園/シャーロック・ホームズの復活
自分の良心よりはイギリスの法律をごまかすほうがましだと思うようになった

珍しくホームズがまともにワトソンを起こすところから始まるシーンです。
これまでのホームズといえばワトソンの枕元に立ち尽くすという予想外の手段を用いていたのが、今回は肩を揺り動かして声をかけるという驚くべき方法でワトソンを起こしたのだった…!

ホプキンズの応援でアベイ荘園で起こった殺人事件の調査に出向く事になった二人。

ちなみに食事をする暇もなく出かけた二人ですが、ホームズも虫の居所でも悪くなったのか唐突に『僕は率直に言って君の語り口が気に入らないんだ』とワトソンがこれまでに記録したホームズの事件簿にケチをつけ始めます。
ホームズが事件簿を『実地教育の生きた見本』と考えているのに対して、ワトソンはそれを物語として描いてしまう為に『肝心な仕事の上の技術や微妙な点を見逃してしまう』、『教訓にはならない』と辛らつな言葉を@まくし立てます。
『そんなら自分で書けばいいじゃないか』というワトソンの皮肉は、後に実現する事となります。

事件はアベイ荘園の主人が殺されていたというものだった。
後に目覚めた妻によると、彼女は戸締りを確認している最中に強盗と出くわしてしまいなぐり倒された。
その物音を聞きつけた主人は殺され、妻はそのまま縛られ、その間に強盗はいくばくかの銀の食器類を盗み、ぶどう酒を飲んで立ち去ったという。

怪しすぎます、その強盗。
こんな露骨に怪しい犯罪始めてみた気がする。

ところで冒頭でホームズに物語を強調するなと叱られたワトソンですが、未亡人を見るや否や『私は、これほど優雅で、容姿が女らしく、顔の美しい婦人を見た事がない』と表現しています。
こいつ、未亡人に弱いんじゃないか。
目に映る全ての未亡人が美しく見えてるんじゃないだろうか…。

ネタバレ等は続き以降で。


この作品はとても判り易い『本格派』の作品です。
事件を最後まで見てから読み直すと作品中の随所に解決に結びつくヒントが潜んでいます。

ホームズは事件の犯人はある強盗集団であると特定されたというホプキンズの判断に、一度は帰宅しようとするホームズですが、途中で汽車を飛び出します。
ぼくのあらゆる本能が、反対を叫び続けるんだ
気になる事は徹底的に調べつくす、ホームズの執念がここに来て目覚めます。
まず屋敷へ戻ったホームズは未亡人を詰問します。
私のささやかな名声にかけて申しましょう。あなたのお話は全て作り事です
事実、ホプキンズが妻の証言から特定していた強盗団は遥かニューヨークの地で捕まっていたのです。

ドイルの作品には度々出てくる世を忍ぶ恋物語…ですね。
結構、このシチュエーションが多いですね。

正当防衛となるかどうか微妙な殺人による犯人を特定したホームズですが、ホプキンズには解決のきっかけとなる可能性のあるヒントを与えるのみに留めます。
そして『自分の良心よりはイギリスの法律をごまかす方がましだと思うようになった』と告げたホームズは、犯人の本音を確認したうえでワトソンに告げた。
ワトソン、きみは陪審員だ。(中略)被告は有罪ですか、無罪ですか

『無罪です、裁判長』




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.