本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

売れる力学/佐藤昌弘
どうすれば業績が上がるのか?はいつの時代でも重要な問題です。
利益を目的とする企業だから、売れないより売れるほうがいい。
一個でも多い方がいいし、もっと多ければもっといい。

でも現実はなかなかそうも行かず、色々な手を講じます。
それはどこの会社でもそうでしょう。
しかし考えすぎてよく判らない、混乱してしまったような経験は無いでしょうか。
そんな時に経営コンサルティング会社の代表者である佐藤さんの言葉は興味深く聞けるのではないでしょうか。

ビジネスは極めてシンプルなのです

複雑なのは自分達が複雑にしているだけ。
確かに売りたいものがあって、買ってもらう…本来、ビジネスと言うのはとてもシンプルなものです。
そこへ色々な工夫をして売ろうとする過程の中でややこしくなっているだけなのです。

この本を手に取る機会があれば、とりあえず第一章を読んでみて下さい。
第一章のテーマは『どんな会社にも強みがある それを活かすだけで必ず業績は上がる』です。
ここって大切なんだと思うんです。
自分達の強みを忘れて小手先のテクニックに走ってしまう。
こうすればお買い得に見える、こうすれば安く見える…。
それよりは『うちの会社ならこれが提供できる』があれば、必ず一定数のお客さんは確保できるのです。
ここを読んでいて、ふと実家の近くにあるスーパーを思い出しました。
小さな昔ながらの個人経営のお店ですが、周囲に大型のスーパーが出来ても生き残っています。
実はこのお店、客の要望にあわせて魚をさばいてくれます。このお店に来る客は『ここなら魚をさばく手間が省けて助かる』と、お店を選んでいるのです。

全てはこういうことなんじゃないかな、と。
これはとてもシンプルですよね。他店ではしていないサービスをしてくれるお店がある。だから行く。
その附加価値を多少の価格よりも大きく認めた客は、その店を離れない。だからそのお店は他の量販店などとの競争にも決して負けずに続けられているのでしょう。

この強みを把握する事は全てにおいて大切です。
他の章で、チラシ、DM、サンプル品、そしてもちろんセールストークについて経営を改善するための方法が紹介されていますが、全ての基本はまず自社の強みを知る事なのです。
逆に言えばそれが見えていない限り、チラシなどをばら撒いてみても効果は返ってきません。

内容はよくあるような問いかけに答えるというQ&Aの形式です。
著者の得意とするマーケティングに関してもきわめて『シンプル』に解説されているので判り易いです。
もちろん実際に何かをするときにはもう少し複雑である事も求められるのでしょうが、その過程で何が重要なのかと言う根源にある、とてもシンプルな部分が判るので読みながら頷く事が出来ます。

ちなみに著者自身も独立した経験がある為か、最後の章では経営者として独立する際の事にも触れています。
これはとても保守的かつサラリーマンに適した性格を持つ事を自負する僕には余り関係の無い話題ですが、参考になる方もおられるでしょう。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.