本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所『一杯の賭け蕎麦 ―花咲慎一郎、両津勘吉に遭遇す―』/柴田よしき
あの『こち亀』を小説化したのがこの作品です。
秋本さんが『70年代から使っているおもちゃ』と表現するように、『こち亀』は数ある漫画の中でも有数の連載期間を誇る日本を代表する漫画のひとつです。
長い時間を経るにつれて、キャラクターたちは秋本さんの創作から個性を持つ創作物として、まるで自我をもって作者の出すシチュエーションの中で自由に踊っているかのように見えてくるのは僕だけではないはずです。
今回は著名な作家さんたちが、その両さんたちを操って見せます。

次に紹介するのは柴田よしきさんの作品です。
代表作のひとつである『花咲慎一郎』シリーズから無認可保育園園長兼探偵というユニークな主人公が登場、両さんたちとめぐり合います。

この作品、ちょっと賛否両論有りそうかな?という部分がひとつあって、それが冒頭に出てくる秋本麗子の口調です。
『ましたー』や『でーす』や、『ですぅ』やらと、やたら妙な口調でしゃべる。
なんだろう、この違和感。
最新の作品には余り目を通していないものの、僕の知っている麗子さんはこんな口調ではなかったような気がする。
しかし巻末の解説によると、柴田よしきさんは初期からのファンで会社員時代もランチの友にこち亀を読み、最近では娘さんと一緒に(もしかして香取慎吾さん主演のドラマも見てるのかな?)アニメまで見ているという、僕からすればファン暦で大先輩に当たるお方なのです。
違和感というと否定的に聞こえてしまうかもしれませんが、それぞれの受け止め方やそれぞれのイメージのメンバーたちがいるというのはとても興味深いですね。

ちなみに花咲慎一郎さんの秋本麗子への最初の印象は『金髪コスプレミニスカポリス』で、中川圭一は『むかつくほどの美男子』、そして両さんは『顔が濃い、濃すぎる』でした。

この作品でいつも食い逃げを繰り返す老人を立ち直させる為に両津勘吉と花咲慎一郎が暗躍するという物語でした。
序盤で口調に違和感が…といったものの、なるほど古くからのファンであるだけあって、とてもこち亀らしいオチにもっていっています。
秋本麗子ファンには多少感じるところがあるかもしれませんが、僕にはお勧めです。

しかし柴田よしきさんがこち亀とは!
関係の無い話ですが、柴田よしきさんと、僕の中学時代の現代文の先生って瓜二つなんですね。
なので漫画っていうイメージが全くなくって、作品自体を読むのも今回が初めてです(笑)。
だって著者の近影とか見たら叱られそうなんだもん!
食わず嫌い(っていうわけじゃないけど)が解消されて、とても有意義でしたd('∀'*)



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
タクヤ
なぜ寺井はいないのどうしてなのアニメは入ってるのに?
2009/08/10(月) 10:48:07 | URL | [ 編集]
Fujisaki@中の人
こんにちはです。

実はドラマもアニメも見たことが無かったのですが、HPをチェックしてみると確かに人物相関図に登場していませんでしたね。ドラマの作風からすると、少し地味過ぎるキャラクターだったのでしょうか?
本田、寺井辺りは古くからのレギュラーですし、出演して欲しかったですね!

でも次回以降も色々と原作に登場した人物の出演が控えているようなので、今後に期待しましょう。きっとその内に漫画の中で両さんがリクエストしてくれるような気がします(笑)。
2009/08/10(月) 12:56:39 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
こち亀:香取慎吾「両さん」主題歌 オリコンシングルランキング3位に  11日発表されたオリコン週間シングルランキング(17日付)...
2009/08/11(火) 10:02:52 | 芸能ニュースの時間

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.