About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜粋/コナン・ドイル
コナン・ドイルの作品の中から、心霊的な現象に傾倒していたドイルの一面が色濃く出ている『北極星号の船長』を読んでみました。

ある船が航行中に氷で立ち尽くすハメになってしまった。
食料もギリギリという状況だが、どうにか乗りきれる算段はあった。
しかしこの船では動けなくなってしまったという以上に別の問題が浮上していた。
それは幽霊騒ぎだった…。
主人公は比較的冷静にその事実を受け止めていたが、船長は精神的に不安定に陥っていった。
そして彼はだんだんと自らの死を予見するような発言を残し、船から消えてしまうのだった。


物語としてはコナン・ドイルが得意そうな美しい描写が栄える冒険物といった様子。
風景や人の心理状態の描写はドイルの得意とするところですね。
シャーロッキアンとしては怪奇を怪奇として終わらせるドイルに違和感を覚えてしまう部分もあるのですが、この物語に登場する怪奇現象の用い方はとても綺麗です。
ホームズが見ていたら何ていうか判ったもんじゃないですが。

シチュエーションホラーというか、限られた空間での描写というのは興味深いですね。
またオカルト的な要素ばかりではなく、物語序盤で見せた主人公の妻の写真へ対する船長の謎の怒りと後日談がうまく交差するあたりは思わず『あぁ、そういうことか』と唸らされ、さすがに本格派ミステリーの始祖的な存在であるドイルらしい技術でしょう。
ミステリー作品ではないという頭で見ていたので完全に読み手に回ってしまったのですが、なるほど作品中に出てくるヒントを少しずつ組み合わせてみれば、実は答えが見えてくるようになっていたんですね。


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/782-726c79d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記