About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
刑事 J.B.ハロルドの事件簿 殺人倶楽部(マーダークラブ)
J.B.ハロルドシリーズの第一作となる殺人倶楽部に手を出してみました。

現在では携帯電話で新作の発表も行われていますが、そもそもはPCのゲームで今回楽しんだのはDSに移植されたものですが1980年代のPCゲームらしい雰囲気がふんだんに残されていて興味深い作品に仕上がっていました。

□ あらすじ
学校に駐車されていた車の中から青年実業家の遺体が見つかった。
若くして父親の事業を継いだ彼は強引とも言える手法で会社を成長させ続けていた。
そんな彼の背後に潜む、女性問題や金銭トラブル。
刑事J.B.ハロルドはその事件を先輩のジャド・グレゴリーから引き継いで担当することになる。
しかし事件は予想外に単純なものではなかった。
そして段々と事件に浮かんでくる20年前のある横領事件―。
時を越えて二つの事件が繋がっていく…。


□ システム
昔のアドベンチャーゲームなので総当りになります。
何も理解していなくても徹底的にグルグル回り続ければやがて解決できてしまうタイプですね。
容疑者の話を聞く→怪しいと思ったら許可を取って家宅捜索→証拠品ゲット→鑑識でチェック→逮捕→事情聴取
この繰り返しで最後まで残った容疑者が犯人です。
総当りをすればやがて解決してしまうので、よりスムーズにストレス無く事件を解決に導けるかどうかを楽しむゲームでしょう。
後、ストーリーもなかなか興味深く、疑ってかかれば全員が全員誰かを殺す要素を持っているようです。
スムーズな調査のための操作メモと事件の真相をある程度把握しかけているジャド(この事件の前任)との手紙のやり取りによるヒントの制度など、総当りゲームをよりスムーズに進めていくためのシステムも備えられています。

□ 感想
最近のゲームと比べるとやはりシンプル。
黙々と事件の調査をするのみで、最近のゲームについているような遊びの要素は少ないです。
ただ考えながら動くという意味では、とても面白い。
このゲームをすると、今の時代のアドベンチャーゲームというのはユーザーにとって優しいつくりになっていることに気づきます。この殺人倶楽部では道しるべのような要素が少なく、手に入れた証拠や情報を元に『これをあの人物にぶつけてみてはどうだろう』と考えたりしながら先へ進めます。
僕はその作業を苦には感じませんでしたが、苦手な人は途中で嫌気がさすかもしれないなぁとも思います。
良くも悪くも最近のアドベンチャーとは一味違った作品です。
後、この作品に関してはシナリオ自体も面白いですよね。
今の時代では通用しないけれど、よく出来た作品だと思いました。

ちなみにこの作品のラストで次回作とリンクします。
別にこの作品をプレイしないと次回作が楽しめないとは思いませんが、お金に余裕がある方は順番どおりに試してみてはどうでしょうか。


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/780-405dd5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記