About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語
最近、携帯アプリで騎士ガンダム物語がリメイクされていると聞き、思わずダウンロードしてしまいました。
僕の携帯電話はソフトバンクなので500円で売り切り、ちょっとお得な感じでしょうか。

最近は宇宙世紀に代表される人が搭乗して操るガンダムが人気を博しているようですが、僕らの世代では少し様子が違い、人が搭乗するガンダムのほかにガンダムが自我を持って自ら動くシリーズが人気を博していました。

その人気の双璧を担っていたのが武者ガンダムと、今回紹介する騎士ガンダムでした。

騎士ガンダムはDQの世界へガンダムを当てはめたようなもので、人間、魔物に加えてMS族と呼ばれるモビルスーツを生物とした種類が加えられます。
魔物もスライムアッザムなど、既存のジオン軍MSなどを魔物に模したものが搭乗します。
武器はもちろん剣などのファンタジー世界そのもので、その中からガンタンクのような魔法使いと呼ばれる職業に就いたものがビームサーベル、ガン、ファンネルなどを使いこなすのです。

そもそも当時の子供たちの間で高い人気を誇ったカードダス20と呼ばれるカードゲームのシリーズ『SDガンダム外伝 ジークジオン編』というものがあり、それを漫画やアニメで展開していた一環としてゲームが登場しました。
今は無きコミックボンボン(2007年休刊)、カードダス、BB戦士、そしてゲーム。
宇宙世紀とは全く違う方向性のガンダムを生きてきた世代だったんだなと自分を振り返ります。

□ あらすじ
スダドアカ・ワールドをMS族で制覇しようとたくらむサタンガンダムが現れます。
それに抗うためにラクロア王国でフラウ姫を助けて以降勇者として知られる記憶をなくしたガンダム族の勇者、騎士ガンダムが立ち上がります。
騎士ガンダムは数々の苦難を乗り越えながら、三種の神器と呼ばれる武具を手に入れ、それらを装着してサタンガンダムとの決戦へ挑みます。
ゲーム、騎士ガンダム物語ではこの後に伝説の巨人が現れ、そしてサタンガンダムを背後で操っていたジークジオンと呼ばれる存在の影に気づき騎士ガンダムが旅立つところまでが描かれます。



□ 感想
今、やり直してみるとゲームとしては非常にシンプルで攻略も容易です。
結構無理やりな設定も多く、物語を一定まで進めない限り味方のジムスナイパーに止められて次のエリアに勝手に進むことが出来ない、海流に阻まれて島へ到達できないように作られています。
ただ稚拙なばかりではなく、攻撃システムが面白いものになっていました。
まず普通のオート先頭に値する『ぶんさん(分散)』があり、更に防御力が強い敵、HPが多い敵に対抗するための『しゅうちゅう(集中)』、そして魔物に狙われやすくなる代わりに背後から攻撃することが出来る『まわりこむ』、パーティに参加していないキャラクターが戦闘へ参加する助っ人制度などもあり、全体的にメンバーを育てるほど戦闘が楽になるような仕組みになっていました。
後、特筆すべきはカードダス20の再現があります。
これは本当にカードダスを購入し、集めて楽しんだり、実際の戦闘としてカード同士を戦わせたりすることが出来ます。実はこのバトル、カードを勝敗に関係なく失ってしまう代わりに経験値やお金を実際に稼ぐことが出来る不思議なシステムになっていました。
これは本当によくはまりました。
ゲーム攻略後もずっとやっていたもので、当時はやりこみ要素なんて言葉は無かったように思いますが価格以上に楽しんだゲームだったといえるでしょう。

テーマ:携帯アプリ(ゲーム) - ジャンル:ゲーム


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/772-86c58281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記