本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

さんまの名探偵/FC
明石家さんまさんを探偵に置き、被害者から容疑者、重要な証言者までを吉本興業所属(当時)の芸人達で固めた推理ゲームです。
お笑い芸人をメインにすえているという事で、面白さ重視かと思いきや、確かに面白いものの、様々な聞き込みなどから情報を収集して事件を展開させ、犯人へと行き着いていくのはなかなかの作り込み。

途中、こいつが犯人かな?と思っていたら、違ったり。
面白いだけのゲームと侮っていると、しっかりやられます。

ギャラクシガニというナムコのギャラクシアンというゲームのパロディにクリアすることでヒントがもらえるのですが、意外と困ったときにはすがりつきたくなっちゃいます。
他、横山やすしさんから情報を貰う為にボートレースをしたり。
大阪だから!美味しいたこ焼を食べたり。

同様のゲームとして元野球選手の江川投手を主人公としたプロ野球?殺人事件も以前紹介しましたが、あちらが車を用いて高速道路を移動したり、マップが非常に広かったのに対して、こちらは限られた空間を最大に移動するタイプです。

操作画面でアイコンから操作方法を選ぶなど、意外と推理アドベンチャーの王道の作品でした。
そして何気にマルチエンディング。
ハッピーエンド(一つ)+バッドエンド(複数)です。

ちなみに被害者は桂 文珍さん。
彼の死体が見つかった金庫室に納められていた『アフリカの星』という非常に貴重なダイヤモンド。
文珍の死と、ダイヤモンドの関係とは?
そして、ダイヤモンドに興味を示していた数々の芸人達。
犯人は彼らの中に居るのだろうか…。

推理物の特色を活かし、色々なところを調べることでちょっとしたイベントが発生することがあります。

例えば、何気に太陽の塔の近くでたけちゃんの写真を見つけたさんまが、それを破り捨てるシーンがあったりする。こういう無駄が愛しいじゃないですか。

ネタバレ等は続き以降で。


このゲームって最後の方、良く判らなくなっちゃいますよね。
西川のりおさんが闇の帝王とかって出てくる辺りで。
もっと普通の服装じゃいけなかったのか、のりおさん。

時代柄か、文珍の家で見れるパソコンが印象的でした。
物語先述の通りラストで少し混沌とするものの、終わり自体はすっきりとしたもので、なかなか王道の推理物になっていると思います。
そういえば吉本の社長と、チャタだけ名前が違いますね。






もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.