本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

思わず自慢したくなる写真が撮れる本/浜村多恵、泉 幸彦
タイトルにあるように、初心者向けのカメラの本です。

僕、こういう本がもっと増えてもいいと思うんです。
写真撮影に関する本を読めば、やれ開放絞りだISOだ…と専門用語が舞い踊る本が多くて、ちょっと撮影してみたいと思っているときに適した本が少ないようで、結局初期は説明書を見ながら…という方も多いはず。

この本ではテクニックよりも、もっと単純な撮影方法を考えます。
たとえば背景の色であったり、人を撮影する角度であったり…。
カメラに関する知識なしで実践できる撮影方法って、とてもお手軽じゃないですか。
撮影法というよりは、工夫。
でもこういった工夫からしか初心者は入っていけないし、そういうところからじっくり育てるからこそ、もっと本格的にカメラを勉強してみようという人も増えてくるのではないでしょうか。
そういった需要に、この本はとても最適。
使われているカメラもコンパクトカメラが中心。それだけでも初心者にはほっとするはずです。
本当に気楽に入門できる一冊です。

ただし難点はこの本、銀塩なんですね。
多少使い勝手が違う部分がありますが、それでもデジタルでも銀塩でもあまり問題がないような技術が中心になっているのは、この本の長所だといえるのではないでしょうか。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.