About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
ドリフト7
カーアクションシリーズでは老舗に数えられるようになってきたドリフトから、杉浦太陽さんが主演を務められたドリフト7を見てみました。
ドリフトシリーズでは前作?前々作?で水着に鼻の下を伸ばしたが為に痛い目に遭ってしまったのですが、今回は主演が杉浦太陽さん、脇を固める役者さんには木村一八さんとの事で、色々と安心して手に取りました。

□ あらすじ
杉浦太雄演じる主人公は全国を渡り歩きながら強い走り屋との戦いを続けている青年だった。
走りの途中でタイヤをダメにしてしまった彼は、たまたま通りすがったパーツショップで格安のタイヤを手に入れる。
しかしその夜、バトルをしてトイレに行っている間にタイヤを奪い去られてしまうのだった。
そんな時、たまたま出会った地元の青年から、走り屋をターゲットにした窃盗団の存在を知らされる。
そして彼はリベンジの為に窃盗団の正体であるといわれる例のパーツショップへ乗り込むのだった…。

□ 車。
登場車種は少な目で、主人公7がR32型GT-R、そして敵方が180SXとFD型RX-7。
ドリフト6でフェアレディZのS130とポルシェの996が出てくるなど、『微妙にずらしてきたか…』というバトルが展開されたのと比べると幾分か現実的なラインナップになっています。2008年の作品でこういう車になるというのは時代を物語っていますねぇ…。
GT-RはNISSAN GT-Rとして生まれ変わっていますが、スカイラインGT-R、180SX、RX-7!
見事に絶版車友の会といった面子になってしまいました。

□ レース、物語
物語よりもレース主体なので、しっかりと走っている様子が見れます。
ただしドリフトというタイトルの割りに、特にGT-Rはしっかりとグリップ走行をしており、ドリフトシーンもそれほど派手なものはなく、堅実にこなしている感じです。個人的にはそれでも構わないのですが、タイトルから連想するものを求めている場合は注意が必要です。
後、レースシーンは夜のレースというシチュエーションですが昼間にライトを点灯して走行したものを夜に走行しているようにうっすら暗くした物が使用されています。
概ね気にならないのですが、日陰→日向→日陰…という道になると異常に気づきます
後、窃盗団が窃盗を行う理由というのも個人的には『んな無茶な…』という気がしますが、良い意味でストーリーが余り重視されていないのが功を奏しているのか、サラッと流されます。

□ 登場人物
杉浦太陽さんはにこやかでふざけながら、しかも勝つ走り屋という設定。
さわやかなイメージと走り屋という設定に違和感を感じていたのですが、実際には意外と違和感は少なく、杉浦さんらしい走り屋を演じています。ストイックな感じというよりは車が、走るのが大好き!といった雰囲気です。
ヒロイン役には秦 みずほさん。この人も180SXに乗って一試合しています。
そしてボス?で木村一八さん。
その存在だけでパッケージを思わず見直してしまいそうな雰囲気の方ですが、FDを乗りこなす有名な走り屋という役割で登場しています。この作品中では車のパーツによって優劣が決まってしまう事を憂う無骨なパーツショップの経営者という役回りです。
その他、もしかして違うのかも…なので自信がないのですが、杉浦太陽さんの弟の杉浦太雄さんもバトルに参戦します。

□ 感想
概ねネット上の評価はイマイチといった具合ですが、個人的にはそれなりに楽しめました。
今まで幾つか同じようなタイプの映画を見てきたのですが、杉浦太陽さんのさわやかな走り屋像というのは斬新でしたし、個人的にはグリップも重視した運転はアリだと思いますし…。
ただもう少し見た目に派手なドリフトもサービスしてくれればなぁと思う部分があったのもホンネですが、これはこれでいいのかな、と。
走りのシーンが模造の夜ですが、それも考え方を変えれば車がよく見えていいじゃないと(笑)。
僕はNA8に乗っていたので珍しくはないのですが、この作品ならリトラのライトもじっくり見えますし!ね?



テーマ:日本映画 - ジャンル:映画


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/758-2bad6a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記