About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
寺暮らし/森 まゆみ
森まゆみさんがお寺の敷地内のアパートに引っ越した実体験を綴るエッセーです。
環境は良好だそうですが、その表現がさすが寺。

周りはお墓だから静かで緑も多くて環境抜群。

大抵の人は周りがお墓という一点で、充分に環境劣悪と呼ぶと思うのですが、どうでしょうか。

冒頭部では離婚に至る経緯なども触れつつ、段々とお寺がある暮らしが見えてきます。
『夏の朝』では、普通のマンション、普通の大家さんでは経験できないような事が数多く紹介されており、『仏様にお供えしたお下がり』をおすそ分けされている風景や、お盆など儀式がある時特有のお寺の賑わい、そして敷地内に住む側の気遣い(洗濯物を室内に干すなど)といった辺りはまさに寺暮らし…。
読経が聞こえてきたり、葬式が執り行われたり…。
お寺との暮らしというのは実に風変わりで、そして興味深いです。

ちなみに窓の外の視線や声などを気にしなくて良い理由もすばらしい。

外は三方墓場なんだから。

三児の母として、職業作家として、バツ一の働く女性として。
様々な顔を見せる森まゆみさんの生活+寺。
なんとなくお寺に住んでみたくなるような、そんなエッセーです。


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/75-ad5db666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記