本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

デジタル一眼レフ きほんBOOK/杉本利彦
デジタル一眼レフの撮影テクニックを実際の写真と、デジ一の操作を併せて紹介する本です。
紹介の仕方は非常に詳細で、使ったレンズ、撮影モード、シャッター速度、そしてISO値などまで事細かに記されているので、基本的な操作さえ頭にあればそれに忠実に設定するだけで撮影が可能になります。
勿論これらについて回る専門用語なども紹介されているので、初心者が入門用に手に取るのにも充分な内容になっています。
ただ各種レンズが必要な場面が多いので、初めての撮影用に購入すると標準レンズだけでは再現が難しい場面もあるので、その点は注意が必要ですが、そういった面では中級以上の方にとっても手に取りやすい一冊でしょう。

そのほか、機材選びやPCでの加工の仕方など各種も紹介されています。
特に『画像処理機能の基本』で紹介されている、トーンカーブを用いたレタッチ(たとえば露出アンダーの写真のトーンカーブを持ち上げる事で全体的に明るくする、撮影時に別の色が強くなってしまった画像を元に戻すなどの作業をする為のツール)の説明は、実際に初めて行う時には失敗が多く、実際の写真を見ながら作業を覚えられるこの本の紹介の仕方は非常に判り易いです。

そういえばこの本に初心者の入門編として実際にデジ一の初心者と著者が街中で撮影を行い、実際にプリントアウトしてみるというコーナーがあります。
一人は初心者に位置する女性グラフィックデザイナーの柏田幸子さん、そしてもう一人は少し高齢の柴田博通さんで、こちらの方はデジ一自体は初心者でありながら一眼レフのカメラに関してはセミプロレベルの方です。
勿論柏田さんの方が初心者として貴重な失敗例と改善策を紹介してくれるのでこういったコーナーの中心になるのは当然なのですが、うーん、扱いに男女不平等を感じます。

全体的にはかなり丁寧な教え方が特徴です。
そのまま再現して写真を楽しむもよし、解説に加えられている応用のためのヒントを拾い上げながら、自分なりの撮影の仕方を考えてみるもよし。
ほぼ全ページカラーで¥1500ならお買い得だなと思わせる一冊でした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.