本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ドラゴンクエスト ダイの大冒険12 地上最大の攻防!!/三条 陸、稲田浩司
ドラゴンクエストの派生作品でありながら、本家のDQシリーズに大きな影響を与えた名作、DQ ダイの大冒険シリーズ、シリーズ中最大の強敵との戦い、そしてポップの壮絶な死を描いた12巻を読んでみました。

□ あらすじ
ハドラーが追い詰められてもバランにダイの討伐を言いつけなかった理由…それは二人が竜の騎士だったからである。
本来、世界に一人ずつしかいないはずの竜の騎士が二人存在する理由…それはかつてバランとその妻、ソフィアの間に生まれたのがダイだったからだった。
バランはダイを自分の味方につけようと、ダイの記憶を消し去る。しかし他のメンバーたちはそれを阻止しようと記憶を失って怯えるダイを匿ってバランへ戦いを挑むのだった。
竜魔人と化し、普段の武士精神に溢れるバランからはかけ離れた冷酷で容赦ない戦いぶりに、一行は太刀打ちできずにいた。
そんな中、ポップはなんとか一矢報いようと、かつての師がそうしたように自らの命を賭けてバランへ向かっていくのだった。
そんなポップの様子を見たダイは記憶を取り戻し、バランへ立ち向かっていく…。

□ 名シーンだらけの一冊
いや、なんていうか最高なんです。
ちなみに竜の紋章が額から手の甲へ移ったのもこの巻からです。
最初は額につけるとバランの圧倒的な力で記憶を奪われてしまうから手に移したという設定でした。
またヒュンケルの鎧の魔剣が大破してしまうのもこの巻で、当時の僕はヒュンケル+鎧という姿がとても大好きでガッカリした記憶があります。この巻以降、槍に武器を変えてしまうのですが、この間には鎧の魔槍を装着した状態で剣を用いるという期間限定のショットが収録されています。

ネタバレ等は続き以降で。



□ ポップの死
ポップがバランに対抗するために用いた手段はメガンテでした。
おれの冒険は… ここまでだぜ…!!』と言葉を遺した通り、当初はポップが死んで最終対決へという流れが予定されていたようですが、ここまででポップが人気を博していた為にポップは生き返っちゃうんですね。
結局、この漫画って人が死なないですねー。
でもポップは物語の中で当初から圧倒的な実力を秘めていたダイに対して、ドラゴンクエスト最大の要素である少しずつ成長していくという役割を担っていた大切なキャラクターで、ダイが語った『おくびょうだけど一生懸命頑張って正しいことをしようと努力しようとしている… それが…こいつだったのに…!!!』というフレーズが、ポップの全てだったのではないでしょうか。
死後もバランとの決着を決する攻撃呪文を放つなど、大活躍のポップでした。

□ 親子対決
ダイが竜の紋章をコブシに移動させた分だけ攻撃力においてはダイも負けていないようで、一気に抗戦に出ます。
ここに来てクロコダインがレオナと一緒に頑張ってバランに攻撃魔法を使わせ続けた効果が出てきて、最後は二人ともライデイン+必殺技というセットで戦いました。(普段のバランはギガデイン+必殺技の組み合わせ)
そんな立役者なのに物語のこの辺りでクロコダインの影が薄くなりつつあるのがとても寂しいです。
ダイ、ポップのメガンテやヒュンケルの魔剣ばかりに気をとられないでクロコダインを褒めてあげて!と言いたくなっちゃいます。


ポップは文句なしで良かったですね。
死を前提にしていたのがどの辺りまでなのかは判りませんが、味方を欺いてバランの部下との戦いに出たり死んでも攻撃してみたりと、いいところばかりです。
またこの親子対決でバランが見せた竜の騎士の技はその後にダイも活用します。
何気にギガブレイクのライデインバージョンも使ったりしていますが、戦いとは言えど、バランはダイに竜の騎士である父親として教えられる事を全て教え込んだ…そんな風にも見えるのです。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
ジャイ
初めまして、読書ブログをやっているジャイと申します。
今日初めてこちらのブログを拝見したのですが、ダイの大冒険の記事が載っていたので、大興奮してコメントしてしまいました。私も超大好きなマンガで、中でもバラン編がお気に入りです。
ギガブレイクは、このマンガで生まれた必殺技ですけど、ドラクエ本編のゲームにも採用されたんですよね。
そして、確かにクロコダインの陰はどんどん薄くなっていっています。序盤あんなに強かったのに。戦闘マンガにありがちな傾向です。強さがインフレを起こしてしまっているのですね。
失礼します。
2010/12/03(金) 17:37:39 | URL | [ 編集]
Fujisaki
> ジャイさん
初めましてです。本の虫、中毒日記の藤崎と申します。
コメントありがとうございました。
ドラゴンボールの普通の人たちとサイヤ人みたいな、なんだか定番の寂しい流れがありますよね。
せっかく良いキャラクターなのに残念でした。

本当にダイの大冒険が原作へ与えた影響は大きいですよね。
スクエニでゲーム化してくれれば面白そうなのですが…・
2010/12/14(火) 09:33:54 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.