本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

天井の足跡/ジュール・キャスティエ(シャーロック・ホームズの災難・下)
探偵:シャーロック・ホームズ

この作品はなかなか興味深いバックボーンを持った作品で、なんとフランス兵だった著者が捕虜として捕まっていた時期、限られた読書の時間の中で練った構想から出来上がった贋作だからです。
そして同時に、意外と見かける事のなかったコナン・ドイルのキャラクター同士による夢の競演を実現させた物語でもあります。

マローンの元へ訪れたのはワトソン博士だった。
面識がない人間との面会を拒否するチャレンジャー教授に引き合わせてもらう為だ。
そこへ探偵であるシャーロック・ホームズとジョン・ロクストンが合流した。

なんとチャレンジャー教授が失踪したというのだ…。

ネタバレ等は続き以降で。


ネタバレも何も、よく判らないんですよね…。
ゼーマン現象で教授がぶっ飛んでたという結論なのですが、このゼーマン現象はゼーマン効果と同一なのでしょうか。いや、たとえゼーマン効果とゼーマン現象が一緒だとしても僕にはよく判らない。
とにかくチャレンジャー教授は宇宙に分裂していた、と。

うーん、馬鹿って不便だ。

まぁささやかではあるけれど、チャレンジャー教授とホームズ、そして周辺の人々の競演が見れるという意味では非常に興味深い作品なのではないでしょうか。

きっと。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.