本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

かんたん・キレイ・自分らしく デジタル一眼らくらく撮影入門/瀬川陣市
デジ一を買って説明書の次に読みたい本をご紹介します。

デジタル一眼レフ(通称デジ一)の操作のガイドです。
デジ一を最初に購入して一番驚いたのは、入門クラスのデジ一でも結構取扱説明書の段階から難しい!という事だったという人も多いのではないでしょうか。
コンデジから、ちょっと綺麗な写真が撮影してみたいくらいの気持ちで来ただけなのに、いきなり露出だのシャッタースピードだのと見慣れぬ言葉が並ぶわけです。
僕も視度調整というボタンの存在が判らず苦労しました。
説明書には「これが視度調整ボタンです」くらいの説明しか載って無いんですね。カメラ好きにとっては当たり前過ぎる機能なのかもしれませんが、ネットが無かったら知らないままだっただろうなぁと思ったものです。
ちなみに視度調整とは、目が悪い人がファインダーを覗いた際に風景がぼやけないようにする為に調整するメガネのような役割をする機能です。

視度調整くらいならまだしも、様々な機能を結局使いこなせないまま昼間の撮影で普通に使うだけ…という状況に陥ってしまうのであれば非常にもったいない。
デジ一は最近でこそ価格も安定してきたものの、それでもコンデジに比べれば充分に高価な商品ですし。

そこでお勧めしたいのがALL ABOUTでもお馴染みの瀬川陣市さんの手によるガイドブックです。
購入時の初期設定からそこそこ中級のテクニックまでを非常にわかりやすく解説しています。
左ページで細かい解説をし、右ページで実際の写真やイラストを加えながら判り易く総括する形になっており、文字の解説だけで理解できなければ右ページを、右ページだけでは判りづらければ左ページを…といった感じで、しっかりサポートしてくれます。
Chapter1~2が基本操作編になっており、上に上げた視度調整も含めて、いろいろな言葉を実際に撮影して『こうなる』という例を示しながら解説してくれたり、明るすぎる場所、暗すぎる場所での撮影など、様々なシチュエーションでの撮影方法が解説されています。
基本といえば基本ですが、三脚があれば夜景だって綺麗に撮影出来るとか、写真好きの方にとっては当然のことでも、初心者には判らないんです。

Chapter3では単に撮影するだけではなく、例えば影や光、構図などを考えながら『自分が撮ってみたい写真』の撮影の仕方が解説されています。やっぱりデジ一を購入したからには様々なテクニックを駆使した芸術的な写真を撮影してみたいと思うのが人情ですよね!
その為に必要な技術が紹介されています。

Chapter4はアウトプット編。
写真の補正の仕方やブログでの公開、アルバムの作り方など、楽しみ方編。
やっぱり写真は撮影したものを見てナンボでしょうか。
もちろんいろいろな楽しみ方はあると思うんですよね。
僕はデジ一を抱えて色々な所へいくということ、液晶でうまく撮影できたかどうかを確認するまでが至上の楽しみで、あまり出力したりすることはありません。
ブログに公開する目的にしても、コンデジに比べると非常にデータが大きいですし、それくらいならコンデジやサイズがちょうどいい携帯電話のカメラでいいかなぁと思っています。

でもこの本はデジ一と一組にして販売してほしいなぁ。
この本を一緒に購入するだけで、きっと何百台、何千台という眠っているデジ一が物置から引っ張りだされるきっかけになると思うんですよね。
説明書の次にぜひ読んでおきたい一冊です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.