About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
Linux Perfect Vol.2
リナックスのムックを買えば必ずubuntu特集という状況に少々食傷気味になってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

□ UBUNTU8.10
このリナックス・パーフェクトのVol.2が出たのもUBUNTU8.10が出た時期なので情報満載。
動作環境で言えばCPU700MHz~、メモリは最低192MBで推奨は348MBを要求するだけに内容は実際、かなり豪華仕様になっています。USBメモリーへのインストール機能の復活、ネットワーク機能のモバイル対応度向上、WINDOWSとの親和性向上など、ぱっと見た感じでは求められている事にかなり答えている内容といえそうです。
動作を調べるのにCPU2.2GHz、メモリ256MBの環境で試してみたのですがこのメモリだと、最低は満たしているものの少し重たい。ただ不思議と旧バージョンである7.10よりは良かったような気もします。
単に相性の問題でしょうか。
これだけ動くならこの本ではありませんがLINUX7というUBUNTU8.10をチューンしたディストリビューションも気になるところです。

□ ディストリビューションカタログ
扱いの小ささは否めないものの、人気ディストリビューションの特集もあります。
定番のFedoraやUbuntuベースでグーグルのサービスが充実しているgOS、安定志向のopenSUSE、3Dデスクトップに特化したLG3D-LiveCD、そして軽快さでかつてのリナックスのイメージそのままといったslax-ja等が紹介されています。
gOSはネットを使う目的だけで導入するにはいいのですが、メイン機としてはどうかな?といった具合で、LG3D-LiveCDはとにかく求めるスペックが高すぎです。3D環境を体験してみるのには良いディストリビューションだと思います。
それぞれに特性や画面などが紹介されているので、Ubuntu以外に興味がある方にはきっと参考になる事でしょう。
こういう場で既にVINEが消滅している事が悲しい…。

□ デスクトップのカスタマイズ
しかしこの本で一番注目したいのはビジュアル面での操作です。
テーマ設定によるデスクトップのカスタマイズは、UBUNTUに限らず今回で言えばGNOMEを採用しているなら一通り流用できます。
アイコンを変更したりCairo-DockやWbarを用いたMac OS X風のランチャーを採用したりすればあっという間にオリジナルのデスクトップの出来上がりです。この本では上手い具合にマック風に仕上げた画面も紹介されています。
Cario-DockよりはWbarの方が軽いのですが、別途コントロール用のソフトが必要になります。
Vineでも使えましたがなぜか設定用のソフトの方が動きませんでした。
また少々スペックを問われますがCompiz Fusionのような機能も紹介。

□ 最強フリーソフト100
元々がフリーソフトが多いOSですが、それでも把握し切れていないソフトも多いはずです。
なかなか調べる機会や場所も限られてくる事を思えば、こういったリストアップは嬉しいものです。
仕事に使えそうなソフトから、ゲームにエミュレーターまで充実しています。そしてこういったソフトも当然Ubuntu以外でも使用可能です。
ただしUbuntuならアプリケーションの追加/削除であっさり導入できるものも多く紹介されています。
意外とリストアップされているだけでは選びにくいものなので、これは便利ですね。

□ ソフトからインストールまで安心サポート
付属のDVDに(フリーソフト100以外は)一通りのソフトとUbuntu8.10が封入されており、インストールに関しても逐一細かく解説されているので、初めて使うような方でも安心して作業が出来ると思います。

別にUbuntuが嫌いなわけではないので、こうして人気を集め、他のOSを使っている方にも充分にアピールできるようなディストリビューションの存在は頼もしいものですが、雑誌の解説自体がUbuntuを中心になるのは、少し寂しいような気がします。
Ubuntu以外でも大丈夫!なものの方が多いはずなのにね。


テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/675-b8f027b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記