本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

いま流行のWEB制作ルール&テクニック総学習
少し前に紹介したWeb Design100を最近になって読み返してみると、逆に新鮮だったりする反面、『今の技術ならここをもうちょっとこう…』とか、『ここはこうした方が使いやすそうだな』という部分が、多少見られます。

あの頃を思い返せばテーブルで間隔を取ったり、全ての作業をhtmlでこなしていたものです。
勿論どうにか理想の形に仕上げようと四苦八苦していたあの時期も楽しかったし、そこから奇抜なアイディアが生まれたり、言語を覚えるきっかけになったということも否定できないのですが、でもよりよい形があるなら、それがいいに決まってる。

僕は過去にこだわらない男です。

この本はまさにタイトルそのまま、今の主流である方法を掲載した本です。

□ 特徴
こういった解説の本というと、ビジュアルメインで作り方には余り触れていない本だったり、逆にページを開いたら目くるめくソースの世界、日本語の方が少ないです!といった両極端に分かれがちですが、この本はその辺りのバランスが非常に良い内容になっています。
どういった記述や操作をすればどういう結果が出るのか、そしてそれが見た目にどのような影響を当たるのかがイラストと文章、そしてタグで紹介されています。
また配色等にも細かく触れているので、初心者の入門編には向かないまでも、ある程度作った経験のある方にとっても非常に使いやすい参考書です。

□ Web制作
使用するソフトはDreamweaverです。
ただし一部にソフトが無いと判りづらい…と思うところが無いわけではありませんが、本文中の多くはDreamweaver無しでも問題なく作業が出来ます。
全体的に使う色を極力抑えたシンプルで見やすいレイアウトが紹介されています。
これが最近の流行の傾向なのでしょう。
確かに凝ったレイアウト…という意味では古いWeb Design100の方が細かく作りこまれている感じです。
それ故にマジックナンバーの概念や黄金比、白銀比などにこだわった内容になっています。
(語句注:①マジックナンバー・5~9までが人が見て瞬時に理解できる数字だという考え方。②黄金比、白銀比・前者は世界的に美しいとされる配置の比率で、後者は日本人の美的感覚をくすぐる配置の比率の事。それぞれ5:8、5:7くらい)

□ 画像加工
配色や画像の加工などの技術も数多く紹介されていますが、用いられるソフトはフォトショップ、Fireworksです。
ただしこれらじゃないとどうしても駄目ということはなく、自分の持っているソフトでどのように作業すればいいのかさえ判ればペイントショッププロGIMP等で充分に代用できる範囲で、それほど高い技術は要求されません。


一通り見て、感じたのはやはりシンプルになった事です。
勿論中で使われている技術などは相当に進化していて、訪問者をひきつけようという工夫においては今も昔も変わらないように思うのですが、色々なサイトが出てきて、FLSHAなども流行って、最終的にはこういう形に落ち着いていくんだなというのが、非常に興味深かったです。
反面、昔のようなやんちゃなサイトはもう流行らないのかと思うと寂しい気もします。

今後もどんどんと変化を続けていくであろうジャンルですが、ゆっくりでも少しずつ勉強してついていければなぁと思います。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.