本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

岡山の大人のための地域生活情報誌Osera(オセラ)/アス
僕はまだ大人になりきるには修行がたりないんだと、この本が気づかせてくれました。

アスさんから出版されている『Osera』は対象年齢を引き上げた地域の情報誌です。
タウン情報おかやま』との違いを端的にいうと、『スィーツじゃなくてデザート』なんじゃないかな、と。
自分でも何言ってるんだかよくわからないけど、きっとそんな感じです。

確かにタウン情報おかやまがターゲットとしているのは、せいぜい10~40代くらいまでがいいところではないでしょうか。
でもよく考えて見れば、観光地でよく見掛けるのは子育ても落ち着き、ようやく夫婦二人きりの時間を取り戻して楽しんでいるような世代の方だったような気がします。地元でちょっとお出かけ…という情報を求めているのは、むしろそういった世代だったのではないでしょうか。

このOseraはまさにそういった世代向け。
僕が今回手に取った2008年の晩秋号での特集は『現役古民家、最前線』というもので、中で見学が出来たり、食事が出来たりといった現役で使われている古い民家を紹介したものです。
タウン情報おかやまで最新スポットが紹介されているのとは対照的に、史跡や地元の名士など、岡山という町がこれまでに刻んできた歴史を中心に扱っているような一冊です。
食事も和風や、和風のテイストでアレンジされたものが中心に紹介されており、上の世代の方にとっては最適な情報になっているのではないでしょうか。

ただ、おそらく対象年齢から外れているであろう僕が手に取っても充分に楽しめる内容でしたし、もしタウン情報おかやまを見て『あー、もういくところないなー』と思うようであれば、県外へ目を向ける前に、Oseraを開いてみてもいいのかもしれません。
もちろんOseraを対象年齢としている人が、タウン情報おかやまを開くのもアリだと思うし、対照的な二冊の本を通じて、もっと岡山県というものを広く、深く楽しんでいけるきっかけになってくれればいいなぁと思うのでした。

Osera公式HP
http://www.vis-a-vis.co.jp/osera/


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.