本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

地図の風景 広島・岡山/堀 淳一、山口恵一郎、籠瀬良明
いわゆる風土記で、著者が訪れた町の風景などをエッセイで綴っている…という内容なのですが、この本では少し変わった視点が試みられています。

実はサブタイトルに『立体空中写真と地図とエッセイで』とあるとおり、この本では空中写真や地図が多く紹介されています。
そして著者が実際にその地について記述する時、上空から見て特徴的な風景を取り上げている事です。

たとえば『折れ曲がる川』なんていう表現も、実際に上空から見ていると面白いくらい折れ曲がっていて、文章で『こんなに折れ曲がっている』と説明されるよりも興味がわくから不思議なものです。
実際に形で見えるとその地形の説明に興味がもてる。
かといって、たまに航空写真を見る事があっても、そこへ説明が無ければ、いくつか自分の知っている場所や施設を見つけて、それで終わってしまいます。

これはなかなか面白い試みだなぁと思います。
ちなみに僕が手にしたこの本の第一刷で1981年5月発行。
僕の生まれる前の本です。

なので自分の知らない風景を見る事が出来る面白さがあったのも事実です。
ちなみに今でも新品で購入可能だそうです。需要があるんですね。

まだ瀬戸大橋の工事も始まっていない瀬戸内海を眺めながら走る下津井電鉄―。
一つの時代がこの本に収められています。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.