About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
人のセックスを笑うな/山崎 ナオコーラ
かつて大ヒットした作品に『失楽園』という不倫の物語がある。

この『人のセックスを笑うな』も扱っているテーマにはそれに近いものがある。
教師×生徒、39歳の人妻×19歳の学生…。
紛れも無く『禁断の愛』なんていう、ドキドキするようなフレーズで呼ばれる類のものだ。

しかしこの物語で主人公と、自由奔放で何事にもとらわれずに主人公とも接するユリの関係を見ていると、失楽園などで扱われる『禁断の愛』とは全く別物である事に気づかされる。
ユリは少年を『触ってみたい』と思い、そして19歳のオレは20歳も年上の女性を『カワイイ』と思い、それぞれの思いに忠実に抱き合った。

さて、この作品は映画化された。
人気の若手俳優である松山ケンイチ、そして未だに少女のようにしか見えないベテラン女優永作博美が主人公二人を演じる。
この作品においては明確に台本通りに進めるのではなく、その場の雰囲気で台本からそのまま即興で演じられた部分が多数盛り込まれているという。そこには本当に20歳の年の差を越えた二人の会話が生々しく収録されている。
自然に笑い合う二人の姿に禁断のにおいは感じられない。

第三者的な立場にたって、倫理的な観点から何かを否定することはたやすい。
しかしこの作品を見ていると、『判る』のだ。
それが特に映画で見ていると顕著で、年の差というものがやけに小さな価値観に思えてくる。

もちろんそこにはユリのありえないほど奔放な性格や、それを受容できてしまう旦那というフィクションらしい特性があることは否めない。

しかし、こうも楽しそうに見せられるとこういう形もアリなんじゃないか。そんな風に思えてくるから不思議だ。

人のセックスを笑うな。
言いえて妙。
出来れば原作、映画共に見てこのタイトルを感じてみてほしい。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/559-fb4e9482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記