About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
Linuxザウルスの壁 SL-C860/760/750/700 武井一巳
Linuxザウルス(通称リナザウ)の人気を確立したSL-Cの三桁シリーズのカスタマイズ本を読んでみました。

現行機種に比べると低スペックだっただけに、カスタマイズをしながら使い勝手を向上させていくのが一つの楽しみ方でもあった初期のリナザウたち。

この本では大きく標準アプリのカスタマイズ定番フリーソフトを用いてのカスタマイズの両面からカスタマイズを考えます。
Linuxを搭載することで利便性を向上させた機種だけに、個人単位で開発されたフリーソフトからのカスタマイズに力が入っているのが特徴的です。

標準アプリでのカスタマイズは主に日常の使い勝手についてです。
意外と触れないテーマ(画面のデザイン)の作り方や、ホーム画面の整理の仕方が挙げられます。
基本中の基本なのですが、この欄が意外と役に立ちます。
タブを用いての仕分けの仕方辺りは参考程度でしたが、僕がこの本で初めて知ったのがホーム画面とキーボードの連携です。
アイコンが大きかったこの頃のZAURUSではホーム画面に多くのソフトが居ると、いちいちスタイラスでスライドさせてソフトのアイコンを探して…という作業が必要になりますが、ソフトの名称(本当の名前ではなく、ホーム画面で表示させている名称)を英数字に変更しておけば、その頭文字(MUSIC PLAYERならM)に対応したボタンを押すとそのソフトが選択されるという機能が存在します。
この機能を知らなかったので、ホーム画面ごとの表示数を減らそうとタブを増やして対応していたのですが、わかってしまえばこちらの方が便利。見栄えが悪いかもしれませんが、ソフト名の頭に何かしら英数字をつけておけばいいのです。たとえばアドレスでもAdressにしなくても『Aアドレス』や、もっとショートカットキーだと割り切って『1アドレス』『2カレンダー』といった具合に変更してもいいわけです。

定番アプリはPDA人気の停滞の影響もあるのでしょうが、現在でもほぼ同じ。
著者の一押しはKeyhelper
Keyhelperの利便性に関して、これを導入していない『SL-C7X0/860など二度と使えない』とまで言い放っています。思わぬところで毒が('д'*)
そこまでオススメするだけに、少し難易度の高いKeyhelperの設定の仕方を徹底的に紹介しています。設定にXmlファイルの編集を必要とするだけに苦手な人には助かるはずです。
ちなみにランチャー機能の設定(confファイルの編集)も紹介されています。
二度と使えないとまでは思いませんが、一通り設定しておけば便利なのは確かです。色々な機能を使う環境下では便利です。

後、swapの作成も重宝します。
これは当時の…というよりはSL-C700辺りでの問題で、SDRAMの容量が少ないためにメモリ不足に陥ってしまう症状が頻出していました。これは750以降で徐々に解決され、インターネットを使う時以外はおおむね問題のない水準になりましたが、700は普通に使う際でも苦しくなったものです。
そこで本来は外部記憶装置として分けられているSDカードやコンパクトフラッシュをメモリの一部として使う事で対処していたのです。
そのためのQswapというソフトの使い方が紹介されています。
750以降でもOperaを導入するなどの使い方を検討している方にはお勧めですね。

このような具合で様々に利便性を向上させる方法が紹介されているのがこの本です。
フリーソフトが中心となっているLinuxはWINDOWSなどのOSにはないカスタマイズ性が魅力ですが、開発者の方には申し訳ないのですが、意外と操作方法が判りづらいのもフリーソフトの難点です。
特にZAURUSをはじめとするPDA市場は縮小傾向で、こうしたソフトの導入方法を細かく解説したようなサイトが消えつつあるのも事実。
そういう時にこういう本が一冊あれば非常に便利。

型落ちのSL-C三桁シリーズなら、オークションでかなりお買い得価格で購入可能です。
それでも徹底的にカスタマイズして、スペシャルカーネルを導入するなどすればストレスフリーで使用することが出来ます。
特にZAURUSを使うような人には、こういう作業自体を好む人も多いはず。
面倒だなーとか言いながら、カスタマイズを楽しんでほしい。

ちなみにZAURUSに標準搭載/フリーで入手可能な文庫ビューアは販売されている電子書籍のみならず青空文庫などの形式も見ることが出来るものです。
ビュースタイルにすれば電子書籍ビューアに早変わり。本の虫ライフも変わるはず!?
ちなみにこのブログでちょこちょこ登場する『電子書籍で美味しくいただきました』の際に使っているのは、リナザウです。


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/553-7fa53686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記