About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
色の事典/小島尚美
色に関する基礎的な情報をまとめた一冊です。
Web用とかデザイン用とかインテリア用…というわけではなく、全般的な知識向け。

それぞれの色が持つイメージ、そしてこの色とこの色を組み合わせるとこうなりますよとか、その考え方をインテリアに向けてこういう風にすればこういう部屋が出来上がりますよ、こういう効果がありますよ…としたり、ファッションの組み合わせで男女別にこういう風に組み合わせてみてはどうでしょうか…といった情報が詰まった一冊。
特にファッションに関しては好きな色ばかりを選びがちな人も多いはず。
この本でおかしくない組み合わせをチェックしながら色々なカラーの洋服を試してみるのも面白いかもしれません。
そしてもう一点面白いのが、それぞれの色に対して料理の紹介もされている事。
盛り付け方や食器の配色…ちょっとした事で食欲が増大するかもしれません。

僕はトマトが苦手でサラダを食べるたびに苦戦していたのですが、これは『緑に対する補色の赤』という効果があり、緑だけでは食欲を刺激しないのを補う為に赤を取り入れるそうです。
なるほど、こういう知識があればちょっと外食に行ってみるとレストランがそういった技術をたくみに取り入れている様子が伺えます。

色の基礎知識の面では『対比』が興味深い。
色の組み合わせ方によって、何色を際立たせるのか?も変わってきます。
たとえば赤を目立たせようと思えば、赤とは違う色相の色(補色)を持ってくることによって、同じ赤でもまぶしく見えるように作る事が出来ますし(補色対比)、同じ配色でもマークを小さくすればより濃く見えます(面積対比)。
僕はWebサイトを作る事があるのですが、そこにおいてもこの対比は大切。
最近ではブログなどでもカスタマイズ機能が充実していて背景色なども好きに選ぶ事が出来ますが。よく色相の同じ背景で文字を持ってきて非常に読みづらい状態になっているサイトを見かけます。
おそらく好きな色同士を選んだ結果なのでしょう。

簡単な事典ではありますが、自分のインテリアや服装、サイトなどを省みながら読んでみると面白いかもしれません。意外と一家に一冊あれば便利な本かも!?


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/532-3fb5dc23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記