本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

元禄忠臣蔵 忠臣蔵歌謡バラエティー
忠臣蔵は日本人が最も愛する美談の一つ。
小説から映画化、ドラマ、果てはゲームまであらゆる媒体で表現されています。

そして、もちろん音楽の業界にも進出しています。

この『元禄忠臣蔵 忠臣蔵歌謡バラエティー』は忠臣蔵の名場面を歌った名曲ばかりが収録されたコンセプトアルバムです。
もちろん全編演歌ですが、歌詞にこめられた言葉をかみ締めるには、やはり情感たっぷりの演歌が一番です。そして途中に挟まられる語りの部分も最高です。
歌詞も物語を追ったものなので、一通り忠臣蔵の内容を知っていれば目を瞑って聞いていれば命シーンがよみがえる想いです。

僕は普段から演歌を聴くわけではなく、どちらかというとL.Aメタル辺りに熱狂していたりする古いタイプの人間ですが、このCDに関しては朗読集を聴くような感覚で楽しめました。

収録曲は以下。
1 .元禄忠臣蔵~大石りくの生涯~:二葉百合子
2 .忍傷松の廊下:真山一郎
3 .天野屋利兵衛:鏡 五郎
4 .播州赤穂城:春日八郎
5 .あゝ赤穂義士:中川摂昇
6 .おんな忠臣蔵:山崎花舟
7 .赤穂浪士:二葉百合子
8 .赤垣源三・徳利の別れ:鏡 五郎
9 .神崎東下り:三橋美智也
10.徳利の別れ:三橋美智也
11.義士ざくら:西山彰山
12.忠臣蔵の唄:三橋美智也

個人的に聴き所は二葉百合子さんによる1番だと思います。
迫力があります。
また二名がテーマに掲げた徳利の別れはやはり演歌の雰囲気にばっちりはまってます。

いつもとはちょっと違った形の忠臣蔵。
BGMといわず、手にとって見てはいかがでしょう。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.