About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
マツダはなぜ、よみがえったのか? ものづくり企業がブランドを再生する時 第一章/宮本喜一
経営悪化から日本の企業として初めて外資の傘下となった、マツダ。
現在では過去の勢いを取り戻し世界中でヒット作を放ち、フォードグループの小型車を担う中核ともいえる存在になりました。
この本ではどのようにしてマツダが復活への道を歩んだのか?を考えていきます。

この本では日本ではまずまずの売れ行きながら、欧州では大ヒットとなったアテンザアクセラ、そして日本ではマツダを代表する車種となった二代目デミオなどの開発秘話も語られているのですが、それを差し置いて第一章…といっても本の半分以上のページ数だ…を丸ごと割いてRX-8開発物語として紹介されています。
何か政治的な力が働いているのか、第一章だけ別の本のように異なった内容に仕上がっているので、二つに分けて紹介します。

RX-8はRX-7の後継車種なのか?
RX-8といえば観音開きの構造ではありますが4ドアで、人が充分に座れる4つの座席を持つ新しい形のスポーツカーです。
RX-7の生産終了と入れ替わるように誕生したために、RX-7の後継車種として紹介されることも少なくありませんが、この本を読むとRX-7の後継がRX-8というのは誤答であり、しかし正解でもあるようです。

経緯から言うと、フォード傘下に入った時には既に次期RX-7の開発は始まっていました。
この時点で開発陣は次期型のRX-7に意外なコンセプトを与えています。
それはロードスターのような、誰もが気軽に運転できて、楽しい車です。
このコンセプトで誕生したのが、サイズの小さなロータリーエンジンだからこそ実現できる、『完全ミッドシップ』の設計です。現在、ミッドシップと呼ばれている車でも実際はエンジンがやや後方にあります。
そのため、バランスで言えば後ろがやや重くなってしまっているのですが、この新型RX-7で作ろうとしたミッドシップのデザインであれば、それは起こらなかったのです。

このスタイルを実現するためにロータリーエンジンの小型化が進められ、更に環境問題への世間の目が厳しくなるのを受けて、ロータリーエンジンも更なる燃費向上が求められていました。
なのでRX-8が誕生する前、まだ新型RX-7が開発されている段階で、既に出力低下と自然吸気へのシフトは決まっていたのです
この部分を見ると、RX-8はRX-7と性格を全く別にする車であるように見えて、実は幻に終わった次期RX-7の基本的なコンセプトをそのまま受け継いで誕生した車だといえるでしょう。

それがどうして4ドア化され、RX-8という新しい車になったのか?という疑問の背後にはフォードとの政治的な駆け引きがありました。
マツダの開発陣は新しく開発した完全ミッドシップ+新ロータリーのテスト車両(ロードスターの車体で再現した車)をフォードの幹部に試乗させることでロータリー存続を求め、その訴えは確かにフォードを納得させたのです。
しかしその上で出された要求が、4ドアで4人が快適に乗れるスポーツカーであることでした。

既にスポーツカーが売れない時代になっている為、RX-7を新型にしても、FD型のRX-7並にしか売れないことが目に見えている。
それ以上の販売台数を求めるのであれば、セカンドカーとしてスポーツカーを持つには経済的に厳しい、家庭を持つ人のように、従来のRX-7では拾い上げることが出来なかった客層を狙うことが出来る車を作るべきだというのがフォードの要求でした。
そして、その新たな車がロータリーエンジンの可能性を世間に知らしめることが出来れば、その時はRX-7の開発を認めるという事になりました。
この点から見れば、RX-8はRX-7を復活させるために布石となる、全く違う車と言えそうです。
しかし完全ミッドシップこそ達成しなかったものの、従来よりもかなり理想のミッドシップに近づけた構造、そして速さばかりではなく操る楽しさに振った味付けなどは新しいRX-7のコンセプトとして検討されていたものであり、後継車種ではないと言い切るにはやや疑問が残ります。

技術偏向だったマツダに、ビジネス優先のフォードが提携してきたということは良い相乗効果を産み出したのかもしれません。フォードはより売れるイメージを提示する。そして技術のあるマツダはそれを形にして返してみせる。
RX-8はフォードだけでも作れなかったし、そしてマツダだけでも作れなかった車…異なる考え同士が交じり合ったケミストリーなのかもしれません。


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/515-882f3ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記