本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

The絶版車File 時代を駆け抜けた名車1980~1989/TOYOTA
絶版車と書くとモデル自体が消滅したように感じられてしまいますが、内容はそれだけではなく過去モデルも含めた1980年代に現役だった車を網羅した一冊です。
各メーカーから合計342台。
付属のDVDにはトレノ/スカイラインRS-X/SAVANNA RX-7/スタリオン/ピアッツァが日光サーキットでドリフトをしている映像が付属されています。

まだまだ景気もよく、スポーツカーやハイソカーも数多く出されていた時代です。
当時の主力はまだまだセダン/ワゴン。
現在で主力になっているミニバンはシャリオやプレーリーが出ている程度で、時代の違いに驚かされます。

今回はメーカー別、トヨタから見ていこうと思います。

巻頭で紹介されている注目の一台、トヨタはスプリンタートレノのFR最終モデル、AE86型。通称ハチロクです。こちらも1980年代の半ばに現役だったモデルです。頭文字Dの影響で未だに人気モデルですが、最終型を選んだとしても既に20年以上が経過しているので、所有者の方はメンテナンスが大変だろうなぁと思いました。

さてスプリンターといえばカローラの兄弟モデルですが、レビン以外にも当時はスポーツハッチとしてカローラFXがラインナップされていました。今ではスポーツモデルが無くなってしまったトヨタですが、この頃はやんちゃな車も多く存在します。
現在のプレミオであるコロナにもクーペモデルが存在していますし、若者向けに振ったセリカ、上の年齢層を狙ったソアラ、元々はセリカ派生だったスープラに、日本初の市販ミッドシップとして登場したMR2は初代、二代目共に1980年代発表です。
また1980年発表の初代のカムリは『セリカ・カムリ』という名前の通り、4ドアのセリカとして販売がスタートしたもので、なかなかスポーティな車で、現在のカムリとは全く性格の違う車です。
またカリーナやチェイサー、『かっとびスターレット』など、スポーティな味付けが施されているモデルも数多く、今のエコ志向のトヨタからは想像しづらい時代が垣間見えます。

紹介されている車種の中で現在まで残っているのはクラウン、カムリ、カローラの輪っかシリーズのほかにランクルの合計四車種。選択された車種の関係もあるのかもしれませんが、いかにトヨタと言えども名前を変えずに続けていくというのは実は至難の業なのだと思い知りました。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.