本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ビートたけし殺人事件/そのまんま東
□ 作家としてのデビュー作
現在では東国原 英夫として宮崎県知事となったそのまんま東さん。
そもそもはビートたけし率いる武軍団の兄貴分であり、また文学の才能でも知られる存在でした。

そんな彼が世に出した『ビートたけし殺人事件』は、そんな彼の処女作であり、ドラマ化までされた出世作でもあります。
実はこの作品、不祥事に伴う活動休止期間に作られたというもので、人の人生と言うのは何がどのように影響するのかわからないなぁと思わせます。

□ あらすじ
物語はビートたけしが失踪すしたというところから始まります。
次に見つけられた時、彼は変わり果てた死体になっていました。
そして次々に起こる連続殺人。
たけし軍団の長兄であるそのまんま東は、軍団を引き連れ事件の解決に挑むのだった…。

□ 感想
文章は拙いと思います。
特に今の知事としてのイメージがあると、びっくりするかもしれません。
たださすがタレント、抜群に面白いです。
意外と推理の部分もすっきり作られているものの、結構たけし軍団のドキュメンタリーのような読み方でも楽しめる作品だと思います。
最近では軍団のメンバーのテレビなどでの露出度が下がり気味のきらいもありますが、当時を知る人なら「いた、いた!こんなやついたなぁ」と楽しめる筈です。
メンバー各人の動きや個性に関しては、言うまでも無く非常に詳細に再現されています。

ネタバレ等は続き以降で。



この作品、推理の部分がほんとうにしっかりしていると思います。
そしてラストは、タレントらしい発想だなぁと。
大どんでん返しの結末は、あの頃のたけし軍団のノリそのままです。

世の中にラストであっと言わせる推理作家さんもいるけど、ちょっと『あっ』の質が違うのは、やはり違う舞台を知っている人だからでしょうか。
以後も推理小説に限らず色々と書いており、そちらの方が文章は上手くなっていると思いますが…この作品に関しては拙さがラストを盛り立てるのに役立ってるかな?といいように解釈してみました。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.