About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
What's Michael?5
かつて一世を風靡したホワッツ マイケルの第五巻を読んでみました。

ここまで猫の習性を前面に出したり、キャラクターを前面に出したりと成長を続けてきたマイケル達ですが、マイケルのイラストもこの辺りで落ち着き、長いブランクをはさんでの復活劇までに通じる顔つきになっています。

第五巻で一番印象的なのは伸之助の成長です。
ここまで猫に対する犬という立場を担ってきた伸之助も、段々と脇役から主要キャラクターへの成長を遂げ、表紙の次の見開きページではマイケルよりも大きく描かれているフルカラーの伸之助を見ることが出来ます。
作品としてもVol.87の『伸之助悲歌』、Vol.91の『伸之助の幸せ』、Vol.104の『お見合い』の三作品でメインを張っています。
伸之助悲歌ではマイケルが可愛がられる様子を見て、飼い主の背中に飛び乗って強かに殴り飛ばされています。
気が狂ったっぺか~~!
今林さん、相変わらずの迫力です。
Vol.104のお見合い相手はポッポ。
猫と犬との暮らし方の理想の違いを描いた、小林まことさんらしい観察力にあふれる作品です。
ここで語ったポッポの趣味は『泥棒をすることです』。
ちなみに逃げ足が速いらしいです。

マイケルの飼い主としては大林家が中心になり、飼い猫の居る暮らしを描いています。
この頃の大林家のマイケル一家はまだ余りしゃべりません。
ただしVol.102の出産祝いでは、大林家に生まれたはじめてみる人間の赤ちゃんに戸惑いを隠しきれない様子で喋り捲っています。家族の一員としてたまみちゃんを受け入れることに決めた彼らからの贈り物は蛇とネズミ

家族といえばこの頃にはマイケルとポッポの子供も定着していますが、第五巻の時点ではくっついて動き回っているだけです。
第六巻では巨大に成長するミニケルですが、ここではまだまだ可愛らしいミニマイケルそのもの。
Vol.89『セミ』ではミニケルどころかポッポも含めた三匹全員が漫画中で全く同じ動きだけをしているという仲睦まじい様子が描かれています。


※真ん中の本はノリ子夫人によるエッセイ。マイケルの舞台裏…先生たちと猫のエピソードが描かれています。amazonのなか見!検索で夫婦の写真を見ることが出来ます。

テーマ:感想 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/413-343f9ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記