About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
発表!エクセル関数大賞 Excel2007対応編
使用頻度の高い(=便利な)エクセルの関数を集めた一冊です。
頻度をビジネスシーンと限ったことで、内容はかなり実践的になっています。

タイトルからするとある程度は使える人じゃないと難しいのかな?と思ったのですが、そんなことは無く基礎の基礎、関数の入力の仕方もフォローしています。
関数の入力も含まれている第一章の『関数基礎講座』をきちんと押さえて、後は掲載されている内容に忠実に行えば、大半の関数はエクセルの関数を始めて使うという人でも入力できるはずです。
全部で九章からなり、先述の一章と合計や平均といった『絶対覚えておきたい関数』(第二章)までが基礎になっており、第三章以降は計算を楽に行う、データに条件を与えて処理する、統計(偏差値、最頻値など)を取る、データの検索や集計をするさいに便利な関数、少し経理的な部分で財務や家計に求めるようなローン返済、減価償却費の計算や、頻度自体はそれほどでも?と思うものの使えたら格好良い日時や時刻に関する関数、文字を一括変換する関数といった具合で紹介されています。

関数の入力の仕方や使い方に関して等は細かく記されているので、机に一冊置いておくだけで『こんなことできるかな』や、余り使わない関数で『どうだったかな』という際には非常に便利です。
とくに各関数ごとに用意されている『まとめ』では、結構『こう記述すればこうなる』程度に流していた関数の一つ一つの部位の意味なども紹介されているので、そこをきちんと把握すれば似たような別の関数を考えることができます。

しかしこの本の醍醐味はそれだけではありません。
Excel2007対応編と銘打ったこの一冊。

実は関数を実際に入力するのに使ったのはEXCEL2002

うぉ、旧バージョンだ!

もちろん文章中にExcel2007の場合だとこういう画面が出る…といった注釈が入っているものの、どことなく理不尽さが漂う感じが最高です。

ちなみにタイトルどおり、各章で大賞が割り当てられています。(1章は除く。ちなみに2章は合計が大賞…確かに全ての基本になる大事な関数だけど、ちょっと理不尽?)
大賞のみ、一般利用者と思われる方からコメントが寄せられています。

第五章、統計に関する関数の大賞
条件に合ったデータの数を数える
コメント:表からを数えるのは面倒ですし、間違えやすいのでこの関数は重宝しています。

…データの統計は間違えなくなったみたいですが、文章がちょっと間違えてるような…。

ところでこの本で唯一よく判らなかったのは、選出の基準。
実際の利用者からのコメントが入っているなど、パッと見た感じ投票でも行われたかのようにも思えるのですが、表紙にもある『ビジネスマン・OL大調査』がどのように行われたのかがさっぱりわかりませんでした…。

ちなみにお買い上げはコンビニでどうぞ。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/410-39b68ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記