About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
ベストカー
売れ筋カー雑誌の一つ、ベストカー。
CARトップに比べると多少マニアまでカバーしているものの、極端に偏向しない一冊です。
ただしCARトップとの最大の違いは水着グラビアがないことぐらいでしょうか。
待合室や電車などで読むのにはこちらの方が安心です。

傾向としては予想CGを大胆に出してきます。
その分、的中率ではCARトップより劣るようなイメージもありますが、毎号ごとに表紙はインパクトたっぷり。復活やら速報やらスクープやらと大胆な言葉が並んでおり、愛読者は『またまた~』とか言いながらも好んでだまされにいくという変わった現象がみられます。

扱う車種も幅広いものの、どちらかというとスポーツカー志向が強めで、その影響からか、他誌に比べると自動車評論家がクローズアップされており、名前を冠したコラムなども多く掲載されています。
しかしその反面、電話で販売店などへの突撃取材を敢行したり、自動車業界外の執筆者やアマチュアの自動車愛好家の率直な意見を綴った記事なども多々掲載されているので、玄人志向の報道に流されない意見に触れることが出来る一面もあります。
また記事の内容も自動車業界のみならず政治的な一面などを見たりと、全体的に明るいイメージがある一方で深く掘り下げた読み応えのある記事も多く掲載されています。

そういえば水着グラビアがないことをCARトップとの差異として挙げましたが、心配することなかれ。
モーターショーのコンパニオンやレースクィーンなどの取り上げ方はCARトップを上回る勢い。
車好きのニーズにきっちり応えています。

この辺り、さすが売り上げ№1の実績です。


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/405-5c06375d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記