本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

殺戮にいたる病/我孫子武丸
三月三十日付朝刊一面トップ

殺人犯と、その周囲の人々の目線から連続殺人を追う小説です。
冒頭がいきなり『エピローグ』な事から、この小説は人がどのようにして殺戮に手を染めていくのか…を描いた小説のように思えることでしょう。

異常性愛による殺人―。

いまでも世界各地でそのようなニュースが見られます。
確かにこの本はそうした事件を犯人の目線から…、或いは自らの家族が犯人なのではないか?という家族の目線から追います。

安孫子武丸さんの作品としては異常なほどに陰鬱で凄惨な表現を含む文章です。
そして随時にちりばめられている岡本孝子さんの『夢をあきらめないで』、『はぐれそうな天使』、『見送るわ』の美しいフレーズがストーリーと対照的でとても印象的です。

この本はそれ以上に触れれば全てがネタバレになってしまう。
ヒントは二つ。
冒頭の一文、そしてこの本は叙述トリックであること。

本の価値が半減しても良い人、どうやって読んでみてもこの作品のトリックが見抜けなくて参ってしまっている方は、ネタバレ等を続き以降で。


この本における全てのトリックは物語の冒頭で出払っているんですね。

犯人は蒲生 稔というのが、本の一番最初で出てくる『エピローグ』です。
そして次に仕掛けられるのが蒲生雅子が『自分の息子が犯罪者なのではないかと疑い始めたのは』というフレーズ。
そして蒲生 稔が最初に人を殺した時に抱いた『(事件を知ったら)母さんはきっと気が狂ってしまうだろう』というフレーズ。

ここまでで雅子の息子は稔という認識が与えられます。
しかし、この本の最後まで読めば判ります。
正確な続柄を挙げれば、稔の母親は容子であり、雅子は稔の妻である。
雅子の言葉によって錯覚させられますが、上記のポイントを念頭に置いてもう一度読み直してみれば、当然ながら稔の母親が雅子であるという記述は一切登場しません
要するに読者はかの有名な古畑任三郎シリーズのように、犯人を知った上でストーリーを読むという展開だと勘違いして、最後の最後で犯人が自分が思っていた人物と違うことを知ります。

そしてそのことを知った上でもう一度読み直すと、前述の通り稔が雅子の息子であるという事実はない。また稔の行動も、雅子の息子くらいの世代の人物であってもおかしくない一方で、四十代の稔であってもおかしくないように作られています。
でも多くの読者が最初に描く犯人像は、大学生くらいの若い年頃の男性―まさに雅子の息子だと思います。
冒頭で登場する雅子の台詞は勘違いなんですね。
少し反則気味ではあるものの、疑っただけで雅子の息子が犯罪者だったという結論は登場しません。

そう疑ったものの、雅子の息子は犯罪者ではない。これは作者が仕掛けた読者向けのトリックです。

そう。
この本のトリックは架空の登場人物ではなく、作者である安孫子武丸さんが読者である僕たち自身を騙しているのです。

叙述トリックはいくつか読んだものの、最後の数行でここまで驚かされたのは初めてです。この本はその場ですぐに二度読む本です。僕が同じ本を繰り返し読んだ最速記録がこの本です。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.