About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
ロックギターの始め方/堀江正史
とことん基本に忠実なエレキギターの教本です。

特に入門編では、いくら入門とはいえ、ここまでの入門は珍しいというほどの入門なので、エレキどころか、生まれて初めてギターという楽器を見た!という人でも安心の内容です。
ギターの種類から弦の張り方…更にはアンプのつなぎ方まで徹底的に解説してくれるので、もはや入門としては疑問が生じる余地さえ残されていません。

実践編ではCD音源付きで、それに沿って少しずつ技術を向上させていくというものですが、この音源の難易度が非常に低め。
神奈川県を中心に活動するインディーズバンド『猛者バンド』というバンドの楽曲、『オブラート』を応用曲として採用しており、この曲をいくつかのパートに分けて、少しずつ演奏していき、最終的には一曲全てが演奏できるという形をとっているのですが、まさにギターを手に取ったばかりの人でも覚えていけるアレンジの楽曲を選んだせいか、ある程度慣れてくると楽曲のシンプルさがゆえに繰り返しながら技術を磨いていく…というのには少し不向き。

また、この曲『オブラート』の歌詞もちょっと不思議な感じ…。

ただし少しこなれた教本ではあっさり流されてしまうチョーキングやハンマリング、プリングオフといった演奏法も丁寧に解説されており、『オブラート』のアレンジも徐々に練習していくのにはとても適しているので、最初の一冊を覚えたら次の一冊を買おうと思っている…というのであれば、お勧め。
また付属のCDには各エフェクターの音の比較や、音の設定の作り方(アンプの調整の仕方)も紹介されているので、自分が弾いてみたいと思っていた楽曲の音に近づけて作る参考になります。

最初の一冊でしばらくがんばりたいと思っていればもう少し上の難易度を買ったほうがいいのかもしれません。


テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/374-7a5cc756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記