About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
ノーウッドの建築業者/シャーロック・ホームズの生還 The Adventure of the Norwood Builder
僕にとっては仕事そのものが報酬なんです

『モリアーティ教授が死んでから、ロンドンは、まったくつまらない都会になってしまった』と、自分の興味の惹く事件が無くなった事をぼやくホームズという、実に生還後のホームズを象徴するような発言からはじまる発言です。
余りに退屈だったのか、自らを『仕事が無くなった、あわれな専門家』と称したり、モリアーティ教授の存命中、その手の内で行われる事件を朝刊から読み取っていた頃を思い出して愚痴をたれるホームズ。
ちなみにこの名探偵、ロンドンの空気は、僕の手で清らかになったって満足げな遺書を書いたのと同一人物です。

さて、前作での復活劇でベーカー街の下宿をそのまま保存していたホームズですが、奥さんをなくし(一般に死別とされています)一人暮らしをしていたワトソンを誘って同居生活を始めています。
元々は一人では下宿代が高いという事で同居生活を始めた二人でしたが、この時は単にお互いに必要としていたのか(なんかこの辺、表現によっては危ないなぁ…)ホームズはワトソンが営んでいた診療所の売却の際には自らの親戚に買い取らせ、価格も言い値で自ら支払うなど気遣いをしていました。

さて、そんな二人のところへ舞いこんできた依頼…。
私があの不幸なジョン・ヘクター・マクファーレンなんです
話を聞いているそばから、レストレイド警部が依頼人を逮捕する為にベーカー街の下宿を訪れる。
調べれば調べるほど依頼人に不利な証拠ばかりが見つかり、今にも冤罪に陥れられようとしている依頼人の為に、ホームズが立ち上がる。

ネタバレ等は続き以降で。


既に引退した建築業者のジョナス・オールデイカー。
彼の材木置き場で火事が起き、そして彼自身もその日を境に姿を消した。
そしてその材木置き場からは、焼け焦げた人の死体のようなものと、依頼人のステッキ…まるで凶器として使われたかのように血痕が残されたものが発見されたのである。
…そう、容疑者は依頼人だったのである。
たまたま外出していた先の朝刊で自らが容疑者になっている事を知り、慌ててホームズの元を訪れたのでした。

死の前日、かつて両親と交遊があった事、自分には身寄りが無い事を理由に依頼人を自らの財産の相続人に指定したオールデイカー。
ホームズはこの事実を知ったゆえに、レストレイドに対して事件の起こったノーウッドではなく、依頼人の家のあるブラックヒースから調査を始めます。
第一の出来事は殺人ではなく、奇妙な遺言状…。
その遺言状の謎を解けば、自然と第二の出来事(=殺人)の謎も解けるはずだと思ったからです。
しかしここで事件の根源にあるものには辿り着くものの、依頼人の無実を暴くところまでには至らず、自ら調査を『失敗』と語り、今の状態で裁判に持ち込めばレストレイドの証拠の方が有力で、ホームズの主張を取り上げるほど『わが国の陪審員たちは(中略)知能指数が高くないからね』との事。
この探偵、さりげなく口が悪いです。
ちなみに復活後も時間にルーズな部分は変わらず、この調査の際には夕方に帰ると言いつつ、ワトソンのメモによると『ホームズが帰ったのはかなりおそくなってからだった』とのことです。もはや淡々と語るワトソン、慣れてます。

この事件ではレストレイド側からの依頼人を犯人とする証拠が最後まで選考していた為に、『われわれの周囲にも自信過剰の人間がいますからね、ホームズさん』などと皮肉られる事が多かったので、犯人が隠れていた納屋で、証人を呼び出す儀式として小火を起こして『火事だ!』と叫ぶ事でおびき出すという方法でやり返しています。
オールデイカーは何らかの投機に失敗したのか、火事を起こした後、納屋の隠れ家に潜んで自らを死んだ事にして、手持ちの財産を逃がして違う土地で違う人間として暮らそうとしていたのでした。
その際に婚約を破棄した間柄だった依頼人の母親に復讐する為に、その息子を事件に巻き込もうと企んでいたのです。

ちなみにその際のレストレイドの反応や謝辞が気に入ったのか、手柄はレストレイドに譲って、冒頭の有名な名言を発しました。

さて、この事件は時代の古さと同時に近代化の兆しを感じる内容が混ざっています。
まず全ての始まりだった火事の後から出てきた死体…。
これは自分の服と、何か動物の死体(犯人は結局真実を述べなかったので、ホームズはワトソンに記録ではウサギとでもすればいいと言っている)を放り込んでおいたもので、さすがに現在では通用しない方法です。
一方、現在的な調査としては指紋が登場します。
事件解決のきっかけとなる指紋。事件の年代はホームズがロンドンに戻って数ヶ月なので1894年頃の事件という設定ですが、実際の発表年は1903年。スコットランド・ヤードが指紋識別法を採用したのがこの2年前、1901年の事だったそうです。
物語上では三年程度にされているホームズの空白期間とのタイムラグが、こんな形で登場したのでした。

ちなみに1894年は、漫画『るろうに検心』の主人公、緋村剣心が生まれた年です。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/343-c45f642c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記