本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

この地球を受け継ぐ者へ ―地球横断プロジェクト「P2P」全記録/石川直樹 ②カナダ~アメリカ (サンダーベイ~中米到着まで)
地球横断プロジェクト「P2P」。
北極から南極までを最大限人力で移動することで横断し、その間に様々な人々と触れ合い、お互いの文化や知識、旅を通して経験したことなどを共有していく―そんなプロジェクトが行われた事をご存知でしょうか?
十ヶ月間をかけて、若者達が辿った地球横断の旅。
その参加者の一人で、冒険家として知られる石川直樹さんが綴った日記とエッセー。
それがこの一冊にまとめられています。

第二回目はカナダ~アメリカの行程の後半、サンダーベイ~中米に到着するまでを紹介します。

サンダーベイまでの道のりから、更に町へと続く旅路。
前回まで同様にプレゼンを行い、自分達の行程で見聞きした事や経験談を語ってきた彼らですが、人口密集地へ行くに伴い、逆に地域ごとのNPOの活動に参加したり、SWEAT SHOPなどの社会問題と直面したりと、北極までの行程とは違った形で地球を知る経験を積んでいきます。
また町を行く肯定だからこそ起こりうる問題として、自転車での移動の最中に起こったメンバーの交通事故(大事には至らず)や、治安の悪さに伴って自転車での行程が一人ずつのリレー形式から、二人同時に走るスタイルに変更されたり、高価な機材を積んだ車自体も物盗りの被害を懸念しなければならないようになっていきました。

当初、僕が読んでいて北極を抜けた辺りから物語のハイライトは終わったような気分で居たのですが、寧ろ『都会』というやつは北極よりも厄介なのかもしれない…そんな風に思うようになりました。

さてこの道中の間に挟まれたコラムで、彼らの寝場所について触れてあります。『町に住む一般的な人々はおもにベッドや布団の上で寝る。』という、有り難い注釈に続いて紹介された彼らの寝場所は、主に野宿。
意外な人気スポットはサポートカーの天井の上。
同行する車についていたベッドは夏場は『腐臭がした』そうで、南米を通り過ぎていく頃には『羽アリが巣くい、よりかかることさえためらわれた』そうです。

この頃の経験からか、石川直樹さんは帰国後もたまに家の屋上に寝袋を持って眠りに行っていたそうです。根っからの冒険家なのでしょう。
そんな彼らとは対極的と表現された韓国から来た都会人のメンバーの方が抱いたプロジェクト自体のあり方に対する不満もこの辺りで掲載されていますが、こういう考え方を持つメンバーの存在もまた地球を知る行程での経路のように思います。
メンバーからは余り共感されていなかったようですが、恐らく読んでいる読者の立場からならご尤もに感じてしまう部分も多々あるはずです。

北極で-35℃を経験したメンバーは、ここに来て+40の猛暑の中を突っ走り、そして次なる地、中米へと突入していきます。

そういえばハーバード大学はケンブリッジという町にあるんですね…。知りませんでした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.