本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

わかった!運がよくなるコツ-ウソだと思ったら、ためしてみよう/浅見帆帆子
考えすぎて行動にうつせないと思うなら、考えるのをやめたほうがいいですよね。

浅見帆帆子さんによる、運が良くなるコツとタイトルに冠するこの本、内容は運を引き寄せる『精神レベル』という物を考える一冊です。
そうは言っても内容は浅見帆帆子さん自身が前書きで語っている通り『本当は簡単なことなんです』。

浅見帆帆子さんの提案は、至極明快。
簡単に言えば自分がどう受け取るのか、どう考えるのか。
プラス思考であったり、自分の中で未来を具体的に『こうなる』と考えること、また身の回りで起こった悪い事でも、もっと悪い事が起きようとしている前兆を知らせてくれているのだと受け止める事…。
こうした事が自分自身をプラスの方向へ導いてくれるというものです。

浅見帆帆子さんの表現で上手いなぁと思わされるのは、例えばこういう内容を実践してもダメだったとして、その時にも『「なんでかなわないんだろう」と思っている暇があるなら、せっせとプラスのパワーをつくって精神レベルを上げるべきです。』という思考を勧めること。
読み方によってはちょっと強引な感じもしますが、浅見帆帆子さんはプラス思考で運がよくなっていくのと同様に、マイナス思考が悪い事を呼び込むという考え方をされているので、イメージを常にプラスへ持っていく事を提案しています。

一冊を通して気持ちの持って行き方を解説していますが、やはりご本人も仰られているように、『簡単なこと』なんだと思います。自分自身がプラス思考であることの意義を信じるかどうか…それだけの事です。

読めば読むほど、肩に入っていた余計な力が抜けていく。
良いイメージを持てば良い、ただそれだけです。
それが浅見帆帆子さんが仰られているような幸運に行き着くかどうかは判らない。でも、この一冊は明確に、マイナス思考である事の無意味さを伝えてくれます。

そして第二章、第三章として恋愛や人間関係での応用の仕方も解説しています。
浅見帆帆子さんの代名詞ともいえそうな、あの独特な絵も健在の著者にとって第二作目のエッセーでした。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.