About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
「豊かな地方づくり」を目指して/山崎 充
独創的、個性的な地域づくりは(中略)一億円を各市町村に公布しさえすれば、可能であるというものでは決してない

もう忘れてしまった方もいるのではないでしょうか。1989年の「ふるさと創生」一億円事業こと、ふるさと創生事業。
一部の(裕福な)不交付団体を除く市町村全てに一億円を使い方を指定せず、何の束縛もなく都道府県を飛び越えて給付したもので、その一億円を使って個性的、独創的な地域づくりをしてくださいという大胆な事業でした。

しかしその結果はまちまち。
暖めていたアイディアをこの機に着手した地域もあれば、住民から意見を募った地域もある…その一方で使い方に困った挙句に無駄遣いと批判されても仕方ないような使い方をした地域もありました。
こうした状況を見越した山崎 充さんは『これまで主体性、自立性をもって、独創的、個性的な地域づくりに真剣に取り組んでこなかった』と切り捨てます。

そしてこの一冊で、そうした地域づくりとは?を考えます。
時期的に少し古いので、内容にも多少の違和感があります。
しかし東京に全てが集中する状況についてなどの記載は、ようやくそうした一面が変わりつつあったりするので現状と比較しながら読むと、この本が出版された当時とは別の楽しみ方が出来そうです。

著者は『地域の言い分の再点検』として、地域の活性化が進まない理由を『地域それ自体の中にもある』とします。
例として、例えば若者が住んでいた地方を出ていってしまう理由として、表面上には求人の不足(職種の多様性の不足)が流出の原因としていますが、山崎 充さんは『田舎のいやらしさ』を挙げ、田舎にありがちな他者への干渉、噂、考え方の古さが原因であり、こうした風土が変わらない限り『雇用の機会に恵まれていても地元には留まらない』とします。

この一文、僕も地方に住んでいるので凄く納得できました。
自分自身の知り合いにもそれが嫌だという理由で地元を離れた人間は確かにいますし、こうした事例は確かに多い。
最近、殊に話題に上がる事が多くなった道州制の導入など『現代版廃藩置県』として提案したり、一般論からもう一歩踏み込んだ『地域づくり』にたいする提言が詰め込まれた一冊は、今になって読み返しても旧さを全く感じない一冊でした。

ところで、そんな一歩も二歩も進んだ視点で地域を見つめてきた山崎 充さんですが、締め切りまでは見通せなかったようで、本書での切れ味たっぷりの口調から一転、『何かと雑事に追われて約束が守れなかった』と、実に曖昧な言い訳に終始し、『しかも書下ろしであるという事もあって大変遅れてしまった』と、書き下ろしだから大丈夫なんだよー!とでも言いたげな一文を加えて本書を締めくくっていました。
先生、ファニーです。

ところでこの一億円事業、様々な使い方がされました。
幾つか面白い物をご紹介。

北群馬郡榛東村:そのまま貯金、高額な利子収入を手にした。
北都留郡丹波山村:日本一長い滑り台を作るも、完成直後に上月町の滑り台に見事に日本一を奪われてしまいました
滋賀県坂田郡米原町:貰った一億円を更に町内の自治体へ24等分して使い方を任せた。

当時、リゾートなどのブームもあったせいか、温泉の開発事業が多く見られていますが、現在ではお荷物的な施設になっている例もあり、群馬の貯金、兵庫の純金購入など、結局貯蓄が一番成功?と思いたくなるような結果でした。
それでも個人的にはいい夢だった、そんな風に思います。



読み終わった本はポストにポン買取!で再利用!
そういえば赤川次郎さんの『一億円もらったら』シリーズも、この事業がヒントなのかな。意識してみた事がありませんでした。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/300-d2121461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記