About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
喝采!人生の終わり方 死の名場面/藤原宰太郎
推理クイズで有名なのが藤原宰太郎さん。
かつては色々な名作ミステリーのトリックの部分を抜き出したす入りクイズを出し、数多くの若い世代を古典推理小説へと導いた功労者ですが、一方で先にトリックを知ってしまって、古典を読んでて「あ、これがあの答えだな」等と判ってしまう現象に襲われた方もいたようです。

個人的には、藤原宰太郎さんの文章って、好きでした。
実は長編を読んだ事はないのですが、短いながらもきちんと整った設定、古きよき時代の探偵の雰囲気を残した主人公…。
古典のトリックに限らず、現代物の推理クイズでも主人公の魅力的な部分は変わらず残されています。

さて、今作。
これは実は推理クイズではありません。
著名人の死について書いてある本で、イエス・キリストにはじまり、ナイチンゲール、サド伯爵、ゴッホ、藤原道長など、まさに古今東西の著名人の晩年の様子、そして死の様子を描いている作品です。
時代の英雄、特に歴史などで学んでいると、その人の人生の一番良い時期ばかりが見えがちです。
そうした人々の人生の晩年はどういうものだったのか。
それは読んでいて、少し胸が痛くなるような現実でもあります。

藤原宰太郎さんがあえて選んだのか、傾向としては寂しい死が多いです。

合間、合間で小さなコンテンツとして挟まれている、著名人の死ぬ前に発した最後の一言のコーナーは本編とは違う人物からの選出です。

ネタバレ等は続き以降で。
コレを読んでいると、美化されている部分が崩れてしまいそうです。
書き方もあるのかもしれませんが、イエス・キリストの死の直前に口にした神への愚痴とも取れる発言…。
どうなんでしょう…2,000年も昔の事だけに、真偽も微妙かも?

宮本武蔵も、なんだか身を持ち崩したような書き方でした。
我が敬愛するホームズシリーズの著者、ドイルも入っていますが、この人の晩年はホームズの作者とは思えない傾向にあったというのは、シャーロッキアンなら周知の事実。
交霊等へ傾倒していました。

著名人一覧(本編のみ)
イエス・キリスト
宮本武蔵
ジャンヌ・ダルク
ヒトラー
ナポレオン
徳川家康
リンカーン
トルストイ
夏目漱石
ナイチンゲール
サド侯爵
ゴッホ
ベートーベン
ハワード・ヒューズ
トロッキー
クレオパトラ
楊貴妃
マリリン・モンロー
円谷幸吉
マリー・アントワネット
スターリン
ゴーガン
ノーベル
ラスプーチン
フロイト
マゼラン
ガロア
プーシキン
川端康成
シュリーマン
スコット
ロンメル将軍
A・フレミング
ガリレオ
乃木希典
アメリゴ・ベスブッチ
芥川龍之介
マタ・ハリ
紀伊国屋文左衛門
アベベ
山下奉文
唐人お吉
コナン・ドイル
藤原道長
エドガー・アラン・ポー


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/25-1cf1a23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記