About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
アルバイト探偵Ⅱ―避暑地の夏、殺し屋の夏―/大沢在昌
不良親父冴木涼介と、その息子…ツッパリにもオタクにもならず適度な不良の都立高校生であり、家業を手伝うアルバイト探偵の隆(リュウ)。
この二人が織り成すハードボイルド…と呼ぶにはコメディタッチな探偵小説がアルバイト探偵。
この作品が二作目の短編集で、出版社によっては収録作品の一つから名前を取って『調毒師を捜せ』のタイトルでも出版されています。

前作までに家庭教師で元暴走族の麻里、スケバンの康子というシリーズ中の中心人物となるキャラクターも出揃った本作は底抜けにふざけ、底抜けにシリアスな冴木親子の姿が見れます。

普段はいがみ合い、なかなかお互いを認め合わない親子ですが、『調毒師を捜せ』では、涼介親父の死の危機に死を覚悟して伝説の調毒師へ挑む隆君の姿、そして『アルバイト行商人(スパイ)』では、死んだ筈の隆の母親が生きているという可能性が浮上。
もう二度とないかもしれない再会のチャンスに、地球規模の戦争が勃発しようとしている行商人同士の争いに息子を連れて行く事を決断する涼介。
……俺の、息子だから、な
たとえ血の繋がりがなくても親子としての絆は薄れない。
なかなか見れない二人の姿がこの一冊に収められています。

個々の作品とネタバレ等は続き以降で。


『避暑地の夏、殺し屋の夏』
この作品冒頭で、前作で情報屋の父親の遺産騒動に巻き込まれたスケバン、向井康子と隆との新しい関係が築かれています。隆君曰く、二つの三角関係だそうです。
米清こと米沢清六が残した遺した汚職事件。
その真相を知っているであろう未亡人とその息子…。彼らが知っているであろう汚職事件の真相は、日本の大物達にとって非常に不都合な事実だった。
そしてそれが消される事を恐れ、彼らのボディガードが依頼される。
避暑地、軽井沢で複数の暗殺者が暗躍する中、冴木は幽霊を武器に戦いを挑む。

『吸血同盟』
ある日、高校のマージャン大会で徹夜をして返ってきた隆を迎えたのは冴木家には不釣合いな健康的な女子高生、遠藤由香子。
地元の名士に面倒を見てもらいながら定時制高校へ通っていた彼女だが、ひょんな事から家の主とその客がしていた不穏な会話を聞いてしまう。
ヌシ様に健康な女の血を飲ませる―。

調べてみると、実は彼らは若返りの薬を作ろうとしているという事が判った。由香子も見ていた謎の赤いサプリメント…それこそが、その薬だったのである。

ちなみに康子を囮に使った際に、康子を一時的に見失った冴木涼介が言ったのが、『年寄りどもがカミソリ振り回し始めるぞ』の一言。
さすが、康子の血である。(いや、真偽は不明だけど)
ちなみに由香子はこの作品後、冴木探偵事務所の階下の喫茶店『麻呂宇』で働き始める。

『調毒師を捜せ』
かつての行商人仲間であり、金髪美女のジョーン。
風邪をひきながらもパチンコで大勝ちする涼介親父の下を訪れた彼女は、決まった時間に必ず人を死に至らしめる毒を作る『タスク』という調毒師の行方を捜すように依頼する。
そして、自分もその毒に犯されていること…そして、涼介のコーヒーにも48時間後に死に至る毒を混ぜている事を同時に伝えたのだった。
しかもその毒は発効までの半分の時間は何事もないが、残り半分の時間は人を酷く苦しめるという残忍な効果を持っていた。
身動きが取れなくなった父親に代わり、隆は必死で調毒師を追い詰めていく。
その途中、怪しげな悪徳宗教団体に捕まった同じ学校の生徒を助けに行く康子と出くわす。
そして明らかになっていく事件の全貌。
一人で仕事をやり遂げた隆君、ラストは涼介親父ばりの大どんでん返しを決めてみせるのだった。

『アルバイト行商人』
隆のナンパの仕方が判る一作です。
彼曰くナンパは、一がタイミング、二がタイミング、三、四がなくて、五がミエと金…だそうです。そして今回のナンパも成功したのだが、その途端黒人に連れ去られて、見知らぬ女性の所へ連れて行かれる。
その場はいくらかの会話と、お詫びとして二千ドルを受け取ります。
しかし帰宅したところへ訪れた国家権力の島津が父親に依頼した内容から、その女性の素性が判明する事になります。
海へ落ちた核兵器を回収して、それを欲しがっている国へ売ろうとしている人間がいる。そして、その男の妻の存在こそが、冴木涼介へ依頼がされた最大の理由だった。

金森麗子

死んだはずだと涼介が呟いたこの女性がその男の妻である可能性が浮上していたのだ。
それは涼介にとって『親友の女房』であり、隆の『本当の母親』である女性です。
涼介は条件付でこの依頼を受ける。その条件とは隆を一緒に調査に加えること。それはもしその女性が本当に隆の母親であるならば『奴を、本当の母親に会わせてやりたい』という、涼介の親心だった。
自室のインターホンから会話を聞いていた隆に、涼介が告げたのはシンプルな台詞でした。
かつては、お前は俺の親友の息子だった。だが今は、俺の息子だ。文句あるか?
親子一丸となって、世界的な戦争を回避させる為に立ち向かっていくのだった…。

この作品で、涼介が行商人を引退した理由が明らかになります。
『(そのまま仕事続けていると、いつ)隆君を再び孤児にしてしまうか、わからなかったからだ
血がつながっていようがいまいが、親子は親子。すばらしいじゃないですか。

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/239-903fd341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記