本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

間違いだらけの運転テクニック/徳大寺有恒
今では徳大寺有恒=車の評論家というイメージが強く、御大がレーサーとして活躍していたという経歴を知らない人さえいるそうですが、御大がこの二つの立場から運転についてを記したのがこの一冊。(徳大寺さんはトヨタのワークスチームの元レーシングドライバーでした)

『運転テクニック』という言葉から連想されるような、より早く、より正確に!といったものではなく、事故をしない安全な運転の為の運転テクニックがメインです。

□ 安全運転のために用いるテクニック
ルノー5のエンジンフットの開け方が判らず困った経験から必ず取扱説明書を読むようにしている…というものから、ヒールアンドトウやダブルクラッチなどのレース仕込みの実生活でも便利に使えるテクニックの提案、やり方までも解説。
たとえばカウンターステアの方法(スピンをしそうになった時の対処法として解説)やアウト・イン・アウト(こちらもコーナーを安全に曲がる為の方法として解説)など。
サーキットで使う物だと思っていた技術を普段の運転へ安全運転の為の技術として盛り込んでいく方法を、判りやすく解説しています。

□ テクニックより大切な事
タイトルにある『テクニック』という言葉からは離れてしまいますが、御大が入念に解説していて印象に残ったのが運転中の姿勢、そして気構えです。
たまに女性に見られる前を見ようとつんのめるような顎が出た運転姿勢や暴走族のバックレストを極端に倒した姿勢などに関しては全力で否定しています。
ちなみに前者については『ハンドルを抱いていても安全は得られない』、後者については『暴走族という、いかにも速そうなタイトルを持つ若者は、(中略)コーナーではあまり速くないのではないか』と切り捨ててしまいました。
また正しい運転姿勢をすることで高められる『予測ドライブ』。
例えば御大は親子連れで子供が右側に居るときは『100%子供が飛び出すと考えたほうがいい』とし、またトラックの下や商店のガラスなど何かが映る物は最大限確認する等、普段忘れがちな確認や注意の大切さを懇々と説きます。

□ 御大、こだわりの改造
巻末には余りイメージにない御大の車改造についてのお話もついています。
御大がVWゴルフを愛用し、その代表的な著書である『間違いだらけのクルマ選び』もゴルフを基準に作られたものであるという事は広く知られている事ですが、そのゴルフでも妥協できなかったという部分がペダルです。
ペダルが小さかった為にヒールアンドトウが出来なかったそうで、ペダルの後付のカバーを被せたそうです。

この一冊から普段の車評論家としての御大からは見えない運転に対する考え方がよく伝わってきます。
しかし一つ一つを読んでみると、それらの多くはかつて教習所で教わったような基本的な事ばかりなのです。
だけど思い返してみれば、『こなれた』といってごまかしたり、『教習所だからね』と基本を嘲笑してみたり、多くのドライバー達が最初に覚えてきたことから逸脱ばかりしているように思います。
こういう機会に一度、自分自身の運転を見直してみてはどうでしょう。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.